色々なメーカーの三原色を並べてみた

色々なメーカーの三原色を並べてみました。絵具の購入にお役立てください。

色々なメーカーの三原色を集めてみたよ

2020年のガザラボの透明水彩のイベントで購入した三原色ドットカード。色々なメーカーの三原色やおすすめ色がついていました。

どういう三原色なんだろう、と思っていましたが、よく見たらちゃんとメーカー公式の三原色!!ターナーだけどう見ても違っていたので、他のも違うのかと思い込んでいましたが、他のメーカーは公式三原色でした。せっかくなので塗り比べに、活用させていただくことに。

また、他のメーカーの公式三原色も、いくつか手元にありましたので併せてご紹介します。

備忘録を兼ねているので、色名と顔料も一緒に載せています。参考までに!

買ったことないメーカーの絵具、まずは三原色をそろえてみても面白いかもしれません。

かれは
かれは

興味のある方は参考にしてみてくださいね!

ホルベインの三原色

ホルベインは三原色は2つあります。

CMYとRBYの2種類で、どちらでもいいようです。

CMYカラーはプリンターのインクのマゼンタ、シアン、イエローのイメージです。赤はどちらかというと赤紫で、青が緑よりになっています。

CMY三原色
CMY三原色
  • キナクリドンマゼンタ(PR122)
  • イミダゾロンイエロー(PY154)
  • フタロブルーイエローシェード(PB15:3)

RBYの方は、感覚的にイメージするいわゆる「赤、青、黄色」の色に近いです。

RBY三原色
RBY三原色
  • ピロールレッド(PR254)
  • イミダゾロンレモン(PY175)
  • フタロブルーレッドシェード(PB15:6)
ひよこ
ひよこ

CMY、RBYどっちがいいかなあ?

かれは
かれは

どちらかというとCMYの方が鮮やかな色が作れたよ。
初心者の方にはCMYがおすすめ♪

ホルベインのCMY三原色は徹底的に混色を試したことがあるので、どのような感じになるのか気になる方はぜひ記事を読んでみてください↓

ウィンザー&ニュートンの三原色

ウィンザー&ニュートンの三原色はホルベインのCMY三原色とRBY三原色の中間くらいのバランスです。個人的にはこの組み合わせはバランスがよく、結構おすすめです。

ウィンザー&ニュートンの三原色
ウィンザー&ニュートンの三原色
  • パーマネントローズ(PV19)
  • ウィンザーレモン(PY175)
  • ウィンザーブルーレッドシェード(PB15:6)

こちらも混色を検証した記事があります。三原色で色作りをするのはとても面白いので色々なパターンで試してます。

こちらは学童用のサクラマット水彩とウィンザー&ニュートンを比較した記事。

シュミンケホラダムの三原色

シュミンケホラダムの三原色はちょっと変わっています。

マゼンタも他では見かけない顔料ですが、色相的には確かに三原色のマゼンタにふさわしい色だと思います。ただ、色がちょっと落ち着いているので、好みが分かれそうです。私は深みがあり、好きな色なのですが、やはり混色ではちょっと色が落ち着いた感じになります。

黄色は他のメーカーが三原色に採用していない不透明のカドミウムイエローですが、やはり抜群の鮮やかさを持っています。(しかし有毒なので、避ける方も多い)

シュミンケホラダム三原色
  • マゼンタ(PV47)
  • カドミウムイエローライト(PY35)
  • ヘリオセルリアン(PB15:3)

クサカベの三原色

クサカベのマゼンタはとても鮮やかです!PR122がメインですが、それにさらに鮮やかさをプラスする顔料が入っているようです。

スキャンでは色が沈んでしまっていますが、オペラに近い鮮やかさです。

黄色はあまり見かけない顔料ですが、どちらかというとレモン色です。

クサカベの三原色
クサカベ三原色
  • マゼンタ(PR122,BV10)
  • パーマネントイエローライト(PY1)
  • モナストラルブルー(PB15:6)

セヌリエの三原色

赤のオペラはとても鮮やかな赤紫です。抜群の彩度なので、混色でも鮮やかな色を作ることができますが、耐光性は高くないのが注意点です。

シネリアスブルーは白が混ざったフタロブルーで、ちょっとだけ不透明感があります。

かなりCMY三原色に忠実な組み合わせだと思います。

せせnセヌせ
セヌリエの三原色
  • オペラローズ(fluo,PR81:1)
  • セヌリエイエローライト(PY153)
  • シネアリスブルー(PB15:3、PW4)

レンブラントの三原色

レンブラントの情報はあまりないので、とてもありがたいです。

CMYっぽい三原色が多いのですが、レンブラントの三原色はRBYっぽいです。なので、ホルベインのRBY三原色とよく似ています。

レンブラント三原色の赤ははっきりした真っ赤であるPR254です。ホルベインのピロールレッドと同じ色なのですが、比べて見ると、レンブラントのものはかなり色が濃厚で強い赤です。とても素敵!

三原色の青はフタロブルーが採用されているメーカーがほとんどですが、レンブラントのだけコバルトブルーです。このコバルトブルーも色が濃く、いい色です。

レンブラントの三原色
レンブラントの三原色
  • パーマネントレッドディープ(PR254)
  • アゾイエローライト(PY154)
  • コバルトブルー(PB28)

マイメリ

マイメリは三原色指定の色にプライマリーという名前がついているのでとても探しやすいです!色は一般的なカラーですがこちらもバランスが良い組み合わせなので、おすすめです。

マイメリの三原色
マイメリの三原色
  • プライマリーレッドマジェンタ(PV19)
  • プライマリーイエロー(PY97)
  • プライマリーブルーシアン(PB15:3)

この三原色は私がイメージしているものに一番近いですね。

ニッカー

ニッカーは透明水彩ではなく、ポスターカラーだと思われます。そのため、剥離しやすいです。ドットシートのものもはがれてしまい。しかも粉々になってしまったため、回収不可能でした。パレットに固めて使うやり方には向いていないと思います。

色名だけ記しておきます。

ニッカー三原色
  • マゼンタ
  • パーマネントレモン
  • レークブルー

マッチベイシックカラー

最強の三原色。顔料を混ぜた時、違和感がなくスッと混ざりますし、色も濁りにくいです。ただ、マッチのマゼンタは耐光性があまり高くないので、長期保存には注意が必要です。

マッチの三原色

マッチの三原色はマゼンタ、イエロー、ブルーというわかりやすい名前になっています。

顔料の傾向

こうしてみるといろいろなメーカーの三原色、結構顔料もバラバラなんですね。

※使われている顔料の傾向をまとめますが、ややマニアックなので、興味ない方は読み飛ばしてください。

赤はメーカーによって考え方が分かれるみたいで、全てのメーカーで違う赤が採用されていました。CMYの三原色が多かったので、赤は、やや赤紫っぽい赤が採用されている傾向にありました。PV19、PR122、またはオペラっぽい赤などです。ただ、透明水彩以外にも目を向けてみると、PV19が三原色の赤に指定されていることが多いように思いますね。

黄色はイミダゾロンイエロー系のメーカーが多いです。シュミンケホラダムホラダムが唯一カドミウムイエローを三原色に指定していますが、色の鮮やかさや発色は抜群なものの、今では珍しい有毒顔料なので、悩ましいですね…黄色はどれでもそこまで色が変わらないので、どれでも大丈夫そうです。

青は共通してフタロブルー(PB15)を採用しているメーカーが多いです。フタロブルーという顔料は、滑らかで透明、とても鮮やかな青色なので、納得ですね。ただ、フタロブルーにも種類があり、PB15:3だったり、PB15:6だったりしますね。レンブラントだけはコバルトブルーでした。

三原色でよく使われる顔料の記事もご紹介しておきます。

三原色チャレンジの記事

三原色系の記事は色々書いているので、ぜひチェックしてみてください。

実際に試してみると色々なことが分かりますよ〜〜