クサカベ透明水彩のおすすめ色!全90色カラーチャートもあり。

クサカベ透明水彩のレビューを書きます。特徴やおすすめの色も紹介!

クサカベ透明水彩とは

全色ドットカード

皆さんはクサカベ透明水彩の絵具使っていらっしゃるでしょうか。クサカベは日本の絵具メーカーです。画材店での取り扱いも多く、明るい色が多いので、愛用していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

他のメーカーと比べてもクサカベのラインナップは華やかです。今回はその理由とともに、どんな色が売られているのか徹底検証してみたいと思います。

ひよこ
ひよこ

クサカベ透明水彩も日本では人気があるよね!
どんな色があるか楽しみ〜〜✨

今回、クサカベ透明水彩の全色ドットカードを買うことができたので、全色のレビューをします。

クサカベの全色ドットシート

このサイトではクサカベ透明水彩の情報を、あまり載せることができていません。なぜかというと、他の絵具メーカーの絵具と比べて、単一顔料の絵具が少なく、使用されている顔料も他の違うものが多いからです。なので、どうしても各メーカーに必ずあるような色がクサカベにはなかったり、使用されている顔料が違うので、比較がしづらかったのです。

かれは
かれは

他のメーカーと比べにくかったの💧

ただ、その分、クサカベには、他のメーカにはないような個性的な色が多いです。

今まで、クサカベの絵具をあまり使ったことがなかったのですが、今回ドットカードの販売により、実際に塗ることができたので、レビューを書いてみようと思います。

クサカベ透明水彩の特徴

混合色が多い

単一顔料はわずか90色中24色。

ひよこ
ひよこ

ほとんどが混合色!

混合色が多いということは、個性的な色が多いということでもあります。

私は、単一顔料の絵具はあまり、どのメーカーで買ってもあまり違いがないけれど、混合顔料はメーカーの個性が出ていて面白いなと思っています。

ただ、混合色が多いのは、他のメーカーと色を比較したり、同じ色を他のメーカーでも買ってみようと思う時は、選びにくかったりします。

単一顔料の絵具は、混色のときにも色が沈みにくいとされていたりするので(もちろん例外もあります)、欧州のメーカーの中には単一顔料がメインのメーカーもあります。

ただ、気に入った色味であれば、顔料など、中身のことはあまり気にしなくてもいいと思います。

かれは
かれは

大事なことは「絵に生かせそうな色なのか?」ということだと思います!

有毒な顔料の使用がない 

絵具の中には有毒なものもあります。代表的なものが「カドミウム系」と「コバルト系」だと思います。どちらの色も発色に優れ、美しい色味が特徴ですが、有毒です。絵具の場合の有毒は、もちろん猛毒ではないので、普通に使用する分にはそこまで怖がらなくて大丈夫です。

ひよこ
ひよこ

これは安心♪

ただ、クサカベ透明水彩の場合は、「カドミウム系」「コバルト系」の使用をしていないので、安心して絵具を使うことができます。それにかわる代替の絵具がありました。

パステルカラーと蛍光色が多い。

混合色が多いということとも被りますが、特に白が混ざっている混合カラーが多いです。こちらは用途が限られるものの、色味自体が可愛いですし、キャラクターの固有色にしたいという用途がある時などには便利だと思います。

かれは
かれは

クサカベのパステルカラーはかわいいよ✨

単純に可愛い色が好き、という人にも嬉しいと思います。蛍光色についても同様で、オペラピンクは比較的どのメーカーにもあるのですが、オレンジ色の蛍光色や紫の蛍光色は珍しいです。このような色も、刺激的で面白いと思いました。全体として、華やかな色が多いラインナップです。

個人的にはクサカベの落ち着いたカラーも好きです。

絵具の感触が硬め

乾くと、カチカチになります。絵具の感触は硬めなので、その辺りは好みが出るかもしれません。筆で溶かすとき、時間がかかる色もあります。

12色セットに入っている色は、どの色も濃厚で、溶け方も良かったです。これは顔料にもよるので色によって違いがあったりします。

ただ、全体の傾向は硬めです。

パレットに入れておくと、ポロッと取れてしまう色もあるようです。

使う前にスポイトなどで、絵具を湿らせておくと使いやすいと思います。

全色レビュー

ここからは、色別に並べて、気になった色をレビューしていきます。

紫・青系

どの色も個性的でびっくりです。

まず紫

パーマネントバイオレット(PV15,PV23,N/A) 基本の紫に良さそう。蛍光顔料が入っているためか、かなり鮮やかです。

マゼンタ(N/A,R122)

モーブ(PR122) 定番の赤紫。ピンクを作りたい時や、混色して紫を作る時に重宝。オペラやマゼンタに比べると耐光性に優れた絵具です。

フローラルバイオレット、バイオレット 他で見かけないような、華やかな色味。ちょっと耐光性は心配ですが、珍しく美しい色味(スキャナで読み取れない色でした。実物はもっと鮮やか)

ライラック(PW6,PV19,PR122) 紫のパステルカラー。ホルベインのライラックとも似ているが、もっとピンクがかった色。

ウルトラマリン(PB29) クサカベのウルトラマリンは2色。こちらは粒子が粗いタイプのウルトラマリンかな。分離色を作りたい時はこっちがいいかも。

ウルトラマリンライト(PB29) 粒子が細かく、伸びの良いウルトラマリン。初心者にはこちらがおすすめ。

コバルトブルーネオ(PB29,PB15,PW6) どこかで見かけたことがあるな…と思ったら、ホルベインのコバルトブルーヒューに似ています(中身も色も)くせのない青色なので、初心者にもおすすめ。

プルシャンブルー(PB15,PG7,PB61) 普通は単一顔料(PB27)の絵具なので、単一顔料だと思いこんでいましたが、違った。なぜ…(頭が混乱)普通のプルシャンブルーは薄めると明るい水色になりますが、クサカベのは渋いです。これはこれでいい色ですが、本来のプルシャンブルーとは違う色なので注意が必要

モナトストラルブルー(PB15) こちらはPB15の単一顔料。おそらくPB15:6 の色味です。フタロブルーレッドシェードの方ですね。

セルリアンブルー、オーロラブルー、スカイブルー 3色が黄色よりの鮮やかな青。

ブルーコンポーゼ コバルトターコイズに似た色。でもコバルト系の顔料ではなく、他の顔料で同じような色を再現しているのがすごい。

アクアブルー 青緑のパステルカラー。イラスト描く人に人気のある色。

ロイヤルブルー(PB60,PR122) こちらもPB60の単一顔料かと思っていたら、違いました。PB60がベースで赤紫の顔料が少しだけ混ざった混合色です。少し紫がかった色味が独特で美しいです。

緑系

グリーンも珍しい色味が目白押しで、目が回りそう。

クサカベのグリーンの特徴は「鮮やかなグリーンが多い」ことです。

ビリジャン[ネオ](PG7) 基本のフタログリーン。12色セットに入っています。このサイトではお馴染みですね。そのままでは鮮やかすぎて、あまり使い道がありませんが、混色してあらゆるグリーンを作ることができます。とても汎用性の高い色。

オキサイドグリーン(PG17) 渋みのあるグリーン。ホルベインでは売っていない色ですが、海外メーカーでは定番色。植物の色としても悪くないですが、どちらかというとミリタリーな印象のグリーン(私見)

カドミウムグリーンネオ(PG36,PY184,PB15)

カドミウムグリーンライト(PY184,PG36) かなり鮮やかな黄緑色

パーマネントグリーンディープ(PG7,PY1,PB15) 少し落ち着いたグリーン

パーマネントグリーン、パーマネントグリーンライト、パーマネントグリーンペール この3色はフタログリーンとPY1(黄色)の混合色。鮮やかな黄緑色です。

エメラルドグリーン 白は入っていないようですが、パステルカラーのミントグリーンに似ています。

テールベルト 個性的な灰色がかったグレー。あまり見かけない色

ジャングルグリーン(PG36,PY1) もう一つのフタログリーンに少し黄色が混ざった色。とても鮮やか。

カドミウムグリーンライト、パーマンネントグリーンライト、パーマネントグリーンペール この3色鮮やかな黄緑

サップグリーン 他メーカーのサップグリーンと比べると色が鮮やかで黄色味が強いです。華やかさがあります。こちらも人気色。

オリーブグリーン、グリニッシュイエローは、渋みが強く使い良さそうな色味

黄色、オレンジ系

パーマネントイエローライト、レモンイエロー 基本のイエローとしておすすめ。はっきりして鮮やかな色合いで、混色にも向いている色味。

ガンボージ 透明感が強い黄色で、面白い色

ジョンブリアン ホルベインのジョンブリアンよりもピンクがかっていて、使いやすそう

全体として黄色は優しい発色のものが多く、鮮烈な黄色やカドミウムイエローのような強い黄色は見当たりませんでした。この中ではパーマネントイエローライトがクセがなく、使いやすさを感じました。

オレンジ

パーマネントイエローオレンジ 黄色よりの明るいオレンジ。

ポピーオレンジ 明るいオレンジ。みかんのような色

パッションオレンジ 衝撃の蛍光オレンジ。クサカベ以外では見かけたことのない色。画像とは全く違う色です💦鮮やかなオレンジが一番、スキャナで取り込めない色なんです。蛍光ペンのオレンジのような色。

写真の方がまだ色が近いです!

色々ある赤の中で基本の赤におすすめ↓

プライムレッド 鮮烈な赤。定番の顔料PR254で、ホルベインのピロールレッドと同じ。伸びがよく滑らかで塗りやすい。そして真っ赤で色がわかりやすいのも特徴。

ルビーレッド 鮮やかなローズレッド。こちらも定番の顔料PV19。発色が強く、伸びもいい。こちらの方が混色が得意で、色に幅を出しやすい。

その他気になる赤↓

ブライトレッド 独特の凝集がある赤。あまり見かけない顔料。面白い色。

チェリーレッド 透明感が強く、発色は弱めだけど独特の鮮やかさ、色の明るさが可愛い。

クリムソンレーキ ダークレッド 色が強く、深い。重宝しそうな色味。

バーミリオン[ネオ] 定番の朱色。12色セットにも入っている

ちなみに…

こちらも写真の方が近い!

画像では分かりにくいのですが、オーロラピンクはオペラのような鮮やかなピンク、フレッシュピンクも淡いですが鮮やかさのあるピンクです。(スキャンで読み取れない色でした。)

茶色、グレー、黒

ライトレッド(PR101) 定番の赤茶色ですが、かなり色が明るく使い出がありそうです。割と赤みが強いタイプです。混色にも下地にもおすすめです。

ベネチアンレッド(PR101) ライトレッドと似ていますが、より深みのある赤茶色です。顔料は同じです。の色はおすすめです。明るめの赤茶色で、混色にもいいし、下地にもおすすめ。ただ、着色力が半端ないので、混色に使いたい時は、少しずつ混ぜて。クサカベのは、赤みが強くいい色だな、と。

ローシェンナ こちらもあれ?めっちゃ混合色です。ですが、意外と便利な色かも。よくこのような感じの色を混色で作るのですが、3色混ぜないと作れないので意外と不便です。これはベージュと言ったら良いのかな。金髪や金属の表現にも絶対便利。ありそうでない色です。

バーントアンバー この色はわりと、色が明るいものが多いのですが、クサカベのものは深みがあり素敵な色合い。シュミンケのバーントアンバーが一番好きなのですが、2番目はクサカベです。

セピア 深い焦げ茶色で、薄めてグレーやベージュとしても使える

ブルーグレー 人気の色。噂は聞いていたけど、やっと実物に会えました。グレーと言っていますが、水色です。明るい青です。

イエローグレー これも便利そうな混合色、ローシェンナと並んで、ありそうでない色です。こちらは白が混ざっている色なので、よりマイルドですね

ペインズグレー 一般的なペインズグレーと違い、あまり色が濃くないです。なので、黒の代わりに使うことはできないですが、重ね塗りには良さそうです。

アイボリーブラック、オフブラック アイボリーブラックの方が色が弱く、半透明。オフブラックは真っ黒で不透明。用途で好きな方でいいと思います。

クサカベの単一顔料

モーブ(PR122)

ウルトラマリン(PB29)、ウルトラマリンライト(PB29)、モナストラルブルー(PB15)

ビリジャン[ネオ](PG7)、オキサイドグリーン(PG17)

パーマネントイエローライト(PY1)、レモンイエロー(PY184)、イエローオーカー(PY42)

プライムレッド(PR254)、クリムソンレーキ(PR114)、ローズマダー(PR83)、ブライトレッド(PR3)、チェリーレッド(PR53:1)、ルビーレッド(PV19)

ライトレッド(PR101)、ベネチアンレッド(PR101)

バーントアンバー(PBr7)

アイボリーブラック(PBk7)

オフブラック(PBk7)

パステルカラー

パステルカラーは可愛いので集めてみようと思ったのですが、時間が足りなかったので、追記させてください。

ライラック

セルリアンブルーヒュー

ラベンダー

ブルーコンポーぜ

スカイブルー

アクアブルー

ミントグリーン

ジョンブリヤン

ネイプルスイエロー

ネイプルスアイボリー

コーラルレッド

フレッシュピンク

ピーチピンク

ベビーピンク

ブルーグレー

ひよこ
ひよこ

間に合わなかったらしい!ゴメンネ

終わりに

クサカベの絵具は、とても明るく、並べてみるととても華やかで、見ているだけでも楽しいです。

今回は省略してしまいましたが、ひとつひとつに和名もついていて、それも素敵です。

色に関しては、好みもあるのですが、クサカベの色と個性的で面白いなーと改めて思いました。

また、少しずつ追記しますので、お楽しみに♪

12色セットは発色のいい色が多くておすすめです↓

他のメーカーのレビューもどうぞ↓

ひよこ
ひよこ

たくさんレビュー書いたね〜