[水彩紙レビュー]アルシュ(細目)について

アルシュという水彩紙についてお話しようと思います。

アルシュは高級水彩紙ですが、比較的メジャーなので、ご存知の方も多いと思います。

アルシュとは

アルシュはフランスの水彩紙です。

こちらはコットン100%の水彩紙です。値段が高く、高級水彩紙ですが、愛用者が多く比較的メジャーです。

ひよこ
ひよこ

高級水彩紙の中でも最高級!
プロも愛用している憧れの紙♪

この紙は、中目、細目、極細目の3つのタイプがあります。中目が荒目、細目が中目、極細が細目のイメージで大丈夫です。

細目が真ん中の目のタイプで、一番使っている人が多いので、今回は細目のレビューをします。Hot Pressedという表記のものです。

表紙は目のタイプによって色が違います。緑色が細目です。

アルシュの特徴

  • 表面がとても強い。マスキングはもちろん、こすったり、削ったりすることもできる
  • たっぷり水を吸うので、にじみやグラデーションがとてもきれいにできる
  • 重ね塗りもでき、リフティングも少しできる
  • 乾くのがゆっくりなので、落ち着いて作業できる。
  • 弾きが強く、絵具を弾く感じあり。
  • バックランが起きにくい。
  • 発色はやや落ち着いた印象

表面が強い

表面はとても強いです。マスキングは、どのメーカーのものも使うことができます。

何度も消しゴムで消したり、硬めのナイロン筆で擦っても、紙が傷んでいる感じはありませんでした。

マスキングをたくさん使いたい、何回か重ね塗りをしたい、という場合はとても使いやすいと思います。

にじみやグラデーションがとてもきれいにできる

透明水彩らしい、ぼかしやグラデーションなどの技法はとてもきれいにできます。絵具がフワッときれいに広がります。こんなにきれいににじみができる水彩紙はないかもしれません。

乾くのもゆっくりなので、ゆったり落ち着いて作業ができます。手早く仕上げる必要はないので、初心者の方にもおすすめです。乾くまでに時間がかかるので、平塗りをムラなく仕上げるのも得意です。

重ね塗りが得意、リフティングもできる

何度か色を重ねていっても、下の色が動いたりしないので、重ね塗りも得意な紙です。

一方でリフティングもできます。そこまで色が抜ける訳ではないのですが、定着した絵具を少しだけ動かすことができます。ウォーターフォードに比べるとリフティングができるけど、ランプライトやストラスモアよりもリフティングができないという感じです。

アルシュ ナチュラル
アルシュ ブライトホワイト

水彩紙は、重ね塗りがしっかりできるものが、表現の幅が広くて使いやすいのですが、でも少しだけリフティングができると、ちょっとしたはみ出しの修正や境界をぼかしたりできるので、やはり便利です。

重ね塗りができることとリフテティングができることは両立しにくいのですが、力加減によってどちらもできるアルシュは、癖がなく色々なタイプの表現と相性がいいと思います。

弾きが強い

にじみどめが強く、よく弾きます。

弾きが強い、というのはピンとこない方もいらっしゃるかもしれないので、画像を載せておきます。

これは各メーカーのウルトラマリンとマゼンタを塗っていますが、ホルベインやウィンザー&ニュートンで塗ったものは境界がギザギザしていると思います。

これは紙のにじみどめが、絵具を弾いているのです。なので、滑らかな線を描きにくかったり、塗ったところがギザギザになってしまいうまく塗れなかったりするのです。高級水彩紙はにじみどめが強いものが多いですが、特にアルシュとウォーターフォードはよく弾きます。

これを解消するには…

オックスゴールが有効です。

オックスゴールでぐっと描きやすくなるアルシュ

絵具に少しオックスゴールを混ぜるだけで、とても塗りやすくなります。右がオックスゴールありですが、とても滑らかに塗ることができています。

アルシュで描く時は、オックスゴールも一緒に買っておくといいと思いました!

created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥572 (2021/10/17 11:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにですが、ブライトホワイトとナチュラルでは、ナチュラルの方が弾きが強かったです。

乾くと色は少し薄くなる

乾くと、画面に載せた時の色よりも、少し薄くなります。発色も少しだけ、抑えた感じになります。落ち着いた感じにまとまるのですが、一回の着彩でもの足りないときには、重ね塗りをするとよいです。

色はブライトホワイトの方が、鮮やかです。青系、紫は彩度が高く、爽やかな感じになります。赤や黄色はあまり変わりません。

ナチュラルは幾分発色が落ち着いた感じです。

ブライトホワイトとナチュラルでは、少し表面の感じは違います。ナチュラルの方が乾くのはゆっくりに感じました。にじみどめもナチュラルの方が強く、にじみもゆっくり広がります。

個人的なレビュー

個人的な話になってしまい申し訳ないのですが、以前、アルシュは苦手な紙でした。

表面が硬く、ペンや鉛筆が紙の凹凸に引っかかることが多かったのです。

ですが!

最近買ってみたところ、表面の感じは少し変わっていました(おそらく少しずつリニューアルされているのだと思います。)

以前より、表面はよりソフトになりましたので、ペンや鉛筆での下書きも以前よりしやすくなりました。

かれは
かれは

ガサガサした感じの表現はかなりソフトになりました!

アルシュはとてもきれいに滲ませることができる水彩紙です。乾くのもゆっくりなので、にじみやグラデーションも、焦らずにじっくり仕上げることができます。にじみも大きく広がるので、ぼかしやにじみの技法を多用する場合は、とてもきれいに仕上がります。

これはアルシュ

弾きが強いのは、以前とても塗りづらいと感じていました。塗ったところのエッジがガサガサしてしまい、きれいに塗れないので、意外と滑らかでソフトな表現には向いていないな、と。

ですが、今回オックスゴールを使って塗ってみたところ、思ったよりも弾きが軽減されて、滑らかにきれいに塗ることができました。今度からはオックスゴールと併用して絵を描いてみようと思いました。

created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥572 (2021/10/17 11:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

アルシュはブロックよりパッドの方が少しお安いです。

お店によってはポストカードサイズのお試しが売っていることがあります。見つけたら試してみてください!

created by Rinker
アルシュ
¥6,377 (2021/10/17 20:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

その他の水彩紙についてはこちらのサイトから、回ってみると便利です。レビューは少しずつ足していきます。