★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

[水彩紙レビュー] ニューブレダンについて

ニューブレダンは版画用紙らしいですが、水彩紙としてもとても優秀なのでレビューを描いてみました。弱点もあるけど、好きな人にはハマる紙だと思います。

ニューブレダンとは?

ニューブレダンはミューズの高級版画用紙です。特に銅版画に向いているとのことです。

コットン高配合の紙で、水彩紙にありがちなハードな表面ではありません。触った感じはふわっとしていて柔らかいです。紙の表面も、比較的滑らかです。

版画だけではなく、水彩や色鉛筆画にも最適とのことで、今回水彩や色鉛筆も使って絵を描きましたが、とても綺麗ににじみができました。エコノミーな水彩紙よりもいいかもしれません。

価格もお手頃で、手に取りやすいので、たくさん練習したい人にはぴったりです。

ただ、元々が版画用紙なので、水彩で使うにはいくつか弱点(というか特徴)があるので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

ニューブレダンの特徴

  • ふわっとした柔らかいにじみ
  • エッジ(水彩境界)が出来にくい
  • 滑らかな紙肌
  • 乾くのは早く、定着もよい
  • 重ね塗りはできる
  • 色はあまり濃くならない
  • 発色は沈みがち(特に青)
  • 表面が弱いのでマスキングはNG

ふわっとした柔らかいにじみ

ニューブレダンの一番の強みは、とにかくにじみがとても綺麗にできることです。

この価格帯の水彩紙の中では一番優秀なんじゃないかと思うくらい。似たような価格帯の水彩紙として、マーメイドやワーグマン、ワトソン(少し高価)があるのですが、にじみに関してはニューブレダンがかなり頑張っている印象です。

サイジングの具合が絶妙で、塗っている時はややムラになってしまっても、乾くまでに平坦な塗りになっています。

ひよこ
ひよこ

いつもより塗りが上手に見える!

エッジ(水彩境界)が出にくい

エッジが出にくいのも特徴かもしれません。エッジは水彩境界とも呼ばれていますが、塗りのフチに絵具がたまり、縁取りのように見える現象のことです。

エッジは水彩らしい現象なので、効果的な場合もあるのですが、作品によっては出したくない場合もあります。ニューブレダンは、水を多めにちょっと雑に塗ってもエッジが出にくく、整った見た目に見える紙です。(全くできないわけではない)

このあたりは好みが分かれるかもしれませんね。

かれは
かれは

個人的にはエッジが出にくい方が好みかな

滑らかな紙肌

表面は滑らかで、触った感じは柔らかいです。

ただ、一般的な水彩紙の細目ほどツルツルではなく、中目と細目の間くらいかと思います。ちょうどヴィフアールの中目と同じくらいの印象でした。版画用紙なので当然と言えば当然かな?

あまり凹凸がないので、滑りがよく下書きがとても描きやすいですし、水彩の色も均等に入る感じです。色鉛筆も使ってみましたが、表面が柔らかくとても塗りやすかったです。

厚みは233gで、そこまで分厚いわけではないのですが、たわみにくく、簡易なイラストなら水張りなしでも快適に描くことができました。

重ね塗りはOK、リフティングもOK

重ね塗りは概ね問題ありませんでした。ものすごく濃く塗った上に、淡い色を重ねて塗るとかになると話は別ですが、普通に絵を描いていて問題ないレベルでした。

安い水彩紙は重ね塗りができないものが多いので、これは嬉しいポイントです。

重ね塗り技法を練習したい人にもおすすめです。またリフティングもできました。色によってはそこまで抜けませんでしたが、修正やリフティングを生かした表現もできました。

ただ、あまり色がそこまで濃くならないというか、乾くとちょっと薄くなります。

どちらかというと柔らかい、ふわっとした絵に向きそうだなーと思いました。

発色は落ち着いている

発色はどの水彩紙もそこまではっきり分かるほど差がないのですが、ニューブレダンははっきり言って「色が沈みがち」です。

色試しもしましたが、特に青系が沈む傾向にあります。

ただ、色に関しては好みもあり、私もそうなのですが、「落ち着いた色の方が好き」という人もいます。冴え冴えした青の絵でなければ、そこまで気にならないこともあると思います。

元々落ち着いた色合いなら、むしろいい感じ

私の絵の場合は、ワントーン色が落ち着いて、ちょっとレトロな雰囲気になるので、「むしろいい感じ」と思いました。発色が沈むといっても、「落ち着いた感じになる」という感じなので、そこはデメリットではなく、メリットだと感じる人もいるかもしれませんね。

スキャンしてみて思ったことは、紙がかなり黄色っぽいせいもあるかもしれません。

表面は弱い、マスキングはNG

表面の弱い紙だとは聞いていましたが、確かに頑強ではありません。マスキングも色々試しましたが、剥がれました。ホルベインのマスキングもW&Nのマスキングもダメでした。マスキングテープはギリギリ大丈夫でしたが、剥がしたあと紙が毛羽立ちます。要注意です。

そして、下書きの際に消しゴムをたくさん使うのもやめた方がいいです。一発で描くのが難しそうなら、トレス台やトレーシングペーパーを使った方が良さそうです。

あくまで版画用紙なので、表面を擦ったりするようには出来ていないのだと思います。優しく絵を描いてあげましょう。

得意なことと苦手なことを知ろう

そもそもが版画用紙なので、ニューブレダンからすると「そんなこと言われても…😂」って感じかもしれませんね。

水彩紙として使う場合は、「発色」と「表面の弱さ」がネックになるかもしれません。ただ、そこはちゃんと特性を理解しておけばOKです。

個人的な意見ですが、お値段からするとこの描き心地はかなりお得感がある、と思いました!

コスパの良い紙といえると思います。たくさん水彩技法を練習したいときにも活躍してくれます。またこの滑らかな仕上がりは独特で、他の水彩紙ではなかなか見かけません。水彩っぽくない滑らかな見た目が好きな人にはとてもおすすめです。

かなりお手頃なので、色々な人に試して欲しいなと思います。

「ハマる人にはハマりそうな紙」だと思います。