★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

[水彩紙レビュー]トルション(ハーネミューレ)について

あまり知られていない水彩紙。トルション。

今まで色々な水彩紙を試してきましたが、トルションは最近初めて使いました❗️個性的な紙肌ですが、中々使い心地が良かったので、レビューを書いてみます。

トルションについて

トルション。あまり聞きなれない水彩紙かもですね。

ドイツ🇩🇪の製紙会社ハーネミューレの水彩紙のひとつです。

代理店はオリオンです。

この水彩紙との出会いは、オリオンの水彩紙スターターパックです。このスターターパックはオリオンが扱っている水彩紙を12種類一枚ずつ試せるアソートパックになってます。

ひよこ
ひよこ

これは安くてお買い得だね!!

ハーネミューレの水彩紙は色々あって、たぶん1番有名なのはセザンヌ。あとはトルションやブリタニア、バンブーなどです。

どれも、捨て難いのですが、今回はトルションのハガキサイズを、買ってみたのでレビューします。

トルションの素材

記載がないのでよく分かりませんが…

たぶんパルプじゃないかなあ?違ったらごめんなさい。書き直します。

コットン紙ほど染み込む感じはありません。

(コットン紙の場合は表紙に必ずコットン100%と書くはず…)

かれは
かれは

ただ、パルプの中でも厚みがあり、重ね塗りができきる高級なタイプ。お値段もそんなに安くはありません。

トルションの特徴

表面の起伏

まず表面が変わってる!と思いました。

見てください。

トルションの表面はフワッとしてます!

凸凹が、大きくて起伏のある台地っぽい。

斜めから見ると、かなり深い起伏があります。この感じは…ちょっとストラスモアにも似てるかなあ?

かなり変わった表面です。

凹凸は大きいのですがやわらかいので、触ると案外滑らかです。

大きな起伏があるけど意外に滑らかなので、下書きの線や細い描き込みはとてもスムースです。細かい描写や滑らかな塗りができます。

発色は明るめ

発色は明るめ。

発色は明るめで鮮やかです。乾いて色が沈む、ということはありません。

ピンクや紫も青系も鮮やかに発色して、気持ちがいいですね。ミントグリーンなんかも。

重ね塗りは思ったより出来る

トルションの重ね塗り

重ね塗りは思ったよりは出来ました。ただ、そっと載せた方がいい感じです。コットン紙ほどは定着しないかな〜なので万全ではないですが、柔らかめの筆でそっとのせればわりと大丈夫でした。

こちらは濃いめに塗ったので、上から色をのせたら少しはげました。

濃い色をたくさん使う絵には向かない

濃い色をたくさん塗るような絵やがっつり重ね塗りして重厚な感じにするのには向いてません。

にじみは大きく広がらない

にじみは、コットン紙ほど大きく広がらないですが、水彩紙の吸い込みが強く、コントロールしやすい感じがあります。透明水彩らしい技法は十分楽しめます。

繊細なにじみ

どんな絵柄に向く?

わたしは結構好みの紙肌でした。あまりはじきも強くないし、塗りやすかったですね。

最初は表面のボコボコにびっくりしたのですが、実際に塗ってみるとそこまでガサガサしません。滑らかなので、細かい線の描写もできます。ペンや色鉛筆との併用もしやすかったです。ただ、重ね塗りはちょっと物足りないです。

どちらかというと、明るい色調、繊細な絵に向くと思います。

高機能な水彩紙になると、表面がガサガサして、硬いものも多いので、細かい描写をしたいときは苦戦することもあります。トルションは凹凸があって滑る感じはないけれど、思ったより滑らかでした。

イラストにいいかも。わりと滑らかに塗ることができたので、細かいイラストにもよさそうです。小さめのイラストを描いてみましたが、細かいところまできれいに塗れました。

お値段は少し高めです。

このクラスになるとコットン紙もターゲットに入ってくるので、あまり気軽ではないかも。

でもトルションは気に入る人もいそう!ポストカードサイズやエコノミーパックでも試せるのでぜひ!