筆の基礎知識

画材店の筆売り場にいくとズラッと筆が並んでいますね。大きさも材質も価格も様々。。

一体どれを選んだらいいか迷ってしまいますね。

1本200円くらいのものがあるかと思えば、1本10,000円くらいするものもあります。

一体何が違うのか、透明水彩の筆の種類と、機能の差、おすすめのタイプを紹介しますね。

形の違い

形の違いについてですが、大きく分けて丸筆と平筆があります。

(他にも色々な形があります)

丸筆は丸い筒に毛が束ねられています。一番オーソドックスなタイプです。

平筆は平たい形をしています。広いところを一気に塗るのに、いいです。

大きさ

それぞれ大きさによって、番号がふってあります。これが号数です。

16とか8とか2と番号が書いてあります。
この数字は大きさを表しています

数字の大きいものほど筆も太くなり、小さいものほど細くなります。

(1号より小さいものは0号とか0/2号、0/3号のような謎の表記ですが、分母が大きくなるほどに細い筆になります。)

この号数は決まった規格があるわけではないので、同じ8号でもブランドによって、サイズが違うこともあります。

私は8号の丸筆をよく買いますが、「あれ、間違えたかな?」と思うほど、ボリュームが違う筆もあります。

材質

色々な材質の筆があります。

絵を描き始めた頃は、筆の材質の違いはよくわかっていませんでした。

筆の材質は使い心地を左右する大切なポイントです。

大きく分けて2種類です。

  • 動物の毛(馬、羊、いたちなどの獣毛)
  • 人工的な素材(ナイロンなどの合成繊維)

動物の毛の筆

獣毛の方が、柔らかいものが多いです。例えば、馬、羊、リス、イタチなどがよく使われています。

獣毛の中でも、それぞれ特性が違い、水含みや柔らかさ、コシの強さに違いがあります。値段もピンキリです。

獣毛の中でも、馬は比較的安価ですが、まとまりがよくないので、細かいところは塗りにくいです。

リスは水含みは良いのですが、柔すぎるので、背景など広い面を塗るのに適していますが、細かいところを塗るのは難しいです。

イタチの毛は、水含みと、弾力を両方の要素を持っているので、とても描きやすいです。イタチの毛の中でも「コリンスキー」の筆は最高峰と言われます。

が、とても高価です。目の玉が飛び出そうな値段のものもあります。

ナイロンの筆

ナイロン筆は比較的リーズナブルです。

以前は、獣毛の筆にはかなわず、なんだかパサパサした筆という感じでしたが、最近は高機能のナイロン筆もあり、とても使いやすいものもあります。

動物の毛の構造に似せて作られた特殊ナイロンは、高級な獣毛の筆と大差ないようにも感じます。

またナイロンと獣毛を掛け合わせた筆もあり、それもとても使いやすいです。

例えばナイロン+イタチ、ナイロン+リス、などですね。

筆の使い心地は大体値段と比例します。慣れてきたら、少し上質なものを1本手に入れておくと、思ったように描ける感覚を味わえるので、とても楽しいです。

初心者はどの大きさを買えばいい?

  • 基本の丸筆:8号丸筆
  • 細い筆:2号丸筆
  • 大きめ筆:16号くらい平筆、刷毛、丸筆

基本の丸筆:8号丸筆

 20年ほど絵を描いてきて、この8号サイズの筆を一番よく使っているのでおすすめします。とにかく大きすぎず、小回りも利くし、水も十分含むので重宝しています。上質な筆だと、筆先が細くまとまるので、これ1本で絵が描けてしまうほど。大きな紙だと、物足りないこともありますが、F6くらいまでならこれが一番活躍します。少し良いものを買っておくと長く使えます。

細い筆:2号丸筆

基本の8号丸筆だけでは、細かいところが描けないので、細い筆も用意します。少しコシが強く弾力のあるものだと、細い線をひくことができます。

大きめの平筆16号くらい

背景など、広いところを一気に塗ったり、水をひいておいたりするのに使えます。平筆ではなく、丸筆の大きいものや刷毛でもいいです。材質はなんでも大丈夫です。リーズナブルな筆でもいいです。

このことは別の記事で詳しく書いています↓

透明水彩で揃えておきたい3本の筆

終わりに

絵具選びと比べて、筆選びは、あまり面白くありません。ですが、使い心地のいまいちな筆では思うように描けないので、透明水彩の画材の中ではとても大事かな、と思います。

とくに、8号サイズの筆は、描きやすいものが一本あると、気持ちよく作業が進みます。

値段の高いコリンスキー 筆は値段相応の描きやすさがありますが、特殊ナイロンなどでコスパの良い筆もあります。

おすすめの具体的なメーカーなどは別記事で紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。