★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

連筆はすごかった!(透明水彩でも使えます)

連筆を初めて見た時は、そのシュールな見た目に驚かされましたが、思いきって買ってみてよかったなと思える画材の一つです。透明水彩でも使えますよ!

連筆ってどんな筆?

念願の連筆を購入しました。ずーっと憧れだった連筆。日本画の教本で見かけて、水彩の作家さんも大作に使用する方もいるらしく、とても気になっていました。

この見た目!

すごくないですか?画材好きにはとてもそそられる形状なのです…

連筆は日本画の筆です。彩色筆が何本も束ねられている幅の広い筆です。

created by Rinker
名村大成堂(Namurataiseidou)
¥6,306 (2022/09/30 09:51:34時点 Amazon調べ-詳細)

束ねられている筆の本数は3本、5本、7本のものがよくお店で見かけるものです。もっと多いものも存在するようです。(不朽堂の店頭で、ものすごくたくさん連なっている筆をちらっと見かけました)

連筆は、刷毛みたいな見た目なのですが、刷毛よりもできることが多いです。

束ねられている筆の1本1本が普通に使える彩色筆になっているため、3連筆なら、通常の筆の3倍、5連筆なら5倍の保水力を持っていることになります。

触ってみるとかなりボリューム感があることが分かります。

何これ、めっちゃふわふわ〜〜

なので、連筆は恐ろしく水含みがよく、大きな面積のグラデーションやウォッシュが、とてもとても綺麗にできるんです。

私は刷毛も使いますが、同じ幅でも刷毛よりも連筆の方が毛量が多いので、水含みや絵具の含みがいいです。長さも長いので、はらうような筆使いもできます。

日本画の絵具はムラになりやすく、広範囲をムラなく均一に塗るのが難しく、このような筆が使われるらしいです。連筆だけでなく、幅のめちゃめちゃ広い刷毛なんかも日本画コーナーで見かけます。

かれは
かれは

日本画ならではの筆みたいです!

連筆は透明水彩でも使える!

連筆は透明水彩でも使えるんです!

背景のグラデーションなど広い部分を塗るとき、とても綺麗にできます。

私が購入したのは5連筆です。3連筆でも充分かなと思ったのですが、せっかく買うなら少し大きいものが欲しいと思って5連筆にしました!

水を多く含むので、広範囲での塗りが、刷毛とは段違いです。もう少しムラになるかと思っていましたが、ものすごくフラットに塗れます。

刷毛よりも穂先が長いこともあって、絵具もしっかり含むし、しなやかさもありムラなく仕上げるだけでなく、塗ったところの境目をぼかしたり、という表現もしやすかったです。

また、片側だけに絵具を多くつけてグラデーションやわざとムラを作ることもできそうでした。

今まで、このような作業は刷毛で行っていて、これでも十分使いやすかったのですが、連筆はさらに表現の幅が広い感じでした。

まさに魔法の筆!

もともと1本ずつでも筆として使えるものを5本束ねたのだから、より高機能なのは間違いないですよね。

かれは
かれは

コレを最初に思いついた人すごい!

ちなみに小さい紙だと一筆〜二筆で綺麗なグラデーションやムラのない背景が出来上がり。

F6くらいのサイズでも楽々に背景塗りが終わりました。いつもより心なしか色も深い!

ちょっと絵に使ってみよう!と思い、背景の空を塗ってみました。結局色々な色をランダムににじませたので、平坦なウォッシュにはしなかったのですが、今まで時間のかかっていた背景が一気に終わりました。少し紙のサイズが大きくなると、背景を仕上げるのがしんどかったのですが、連筆のおかげで楽しくなりました。

連筆を使うときの準備

連筆は筆が大きいので、水入れも大きなものを用意するとよいです。水もたくさん吸うので、たっぷり水を入れて使います。

そして水気の調節はティッシュなどではとうてい無理なので、手拭いサイズのタオルを使いました。

あとは絵具は仕切りの部分から溶かすのは無理です。何しろ筆が入らないので…

なので混色スペースや絵具用のお皿を用意して、連筆で塗る用の絵具を、あらかじめ作っておきます。量もかなりたっぷり必要です(塗り途中で無くなってしまうと悲劇💧)チューブから直接出した方がいいです。大きめの筆で絵具をあらかじめ溶いておいてから、連筆に含ませました。

キレイに仕上げたいときにはしっかり水張りも必要です。紙がたわむとくぼみに絵具が溜まってしまいますから…

塗りムラが出ていますが、乾くとフラットになります!

いつもより念入りに準備するのがおすすめです。

お手入れは念入りに

これだけ絵具を含むので、筆を洗うのは時間がかかります。かなり奥まで絵具が入り込むので、しっかり洗った方がよいです。

そして筆が乾くのにも時間がかかります。ぶら下げて、風通しのいいところで乾かしましたが、完全に乾くのに丸一日かかりました。うっかり絵具をつけたままにしないように気をつけないとですね…

いい筆なのでしっかりお手入れして長持ちさせようと思いました!

ひよこ
ひよこ

しっかり乾かそう!

連筆はこんな人におすすめ!

空を描くなど、広範囲をしっかり塗ることが多い人にはおすすめです。少し大きめの作品を描きたい人にも!

ひよこ
ひよこ

キレイに空が塗れたら嬉しいな♪

透明水彩だと、どちらかというとランダムな仕上げ(にじみやぼかし)が好まれるみたいですが、私のようにフラットに塗りたい、という人にはとても使いやすいはずです。(そういう意味では、枯葉の絵は、実は日本画の方が向いているのかも??)

連筆はもちろんランダムな塗り方もできるのですが、フラットな塗りにしたいときにとても使いやすいです!

どんなもんだろう?と思う人は三連筆くらいから試してみるといいかもしれません。

created by Rinker
名村大成堂(Namurataiseidou)
¥4,109 (2022/09/30 09:51:35時点 Amazon調べ-詳細)

ものすごく紙が大きいと普通の筆のようにも使えるみたいで、とても汎用性が高いです。

個人的に気になっているのは、分離色をこの筆で塗ったらどんな感じになるんだろう、ということです。

かれは
かれは

今度やってみようと思います!

ひよこ
ひよこ

チューブ1本くらい使い切っちゃうかもね

今回の記事は、質問箱で「刷毛や連筆、平筆についてもっと知りたい」というリクエストがあったため書いてみました。まだ使いこなすというレベルには達していないのですが、どなたかの参考になれば嬉しいです。

名村さんの連筆のツイート↓