透明水彩の人気色!PB60インダンスレンブルーについて(メーカー比較、使い方、特徴)

今回はインダンスレンブルーについて。単一顔料でありながら、深い青色でとても魅力的な色!どのメーカーにもある定番の紺色ですが、名前がちがうので、整理しつつ比較してみます。

インダンスレンブルーについて

今回ご紹介するインダンスレンブルーはPB60という顔料です。

色は深めのブルー。紺色やネイビーといったらしっくりくるでしょうか。

インダンスレンブルーは他の青絵具と比べると、色も渋みがあり、暗めの青です。落ち着いた色なので、混色しなくても、他の色とも馴染みやすく使いやすさがあります。

青絵具の中では、赤よりのブルーです。

この青の記事でも紹介していますが、定番の青の絵具6種のうちの1つです。

どのメーカーにもあるような色ではあるのですが、絵を描くうえで絶対必要な基本色ではないので、絵を描くために彩りやバリエーションを加えるための一色ととらえていただければと思います。

ひよこ
ひよこ

とはいえ、この色はとても人気!!

メーカーごとのPB60の名前

メーカーごとに違う名前がつけられているので、整理しておきますね。このサイトではインダンスレンブルーでと呼んでいます。

ホルベインロイヤルブルー
ウィンザー&ニュートンインダンスレンブルー
マイメリブルーファイアンスブルー
セヌリエブルーインダンスレン
ターナーインダンスレンブルー
シュミンケホラダムデルフトブルー
ダークブルー
クサカベロイヤルブルー(PR122との混合色)
インダンスレンブルーというネーミングが多い

シュミンケホラダムはデルフトブルーという青紫っぽいブルーと渋めのダークブルーの2種類あります。

クサカベのロイヤルブルーは単一顔料ではありません。PB60がメインとなっていますが、PR122という赤紫の顔料が加えられている混合色ですが、インダンスレンブルーとして使えますし、魅力的な色味なので入れています。

PB60。メーカーごとにちょっとずつ色が違う

PB60のメーカー比較

メーカー差がある色ということだったので、比べてみました。

確かに同じ顔料と思えないほど違いました。(画像では分かりにくくて申し訳ない。説明書きで補足させてください〜)

PB60メーカー比較

・ホルベイン ロイヤルブルー(青みが強く、色も割と鮮やか)

・ウィンザー&ニュートン インダンスレンブルー(ホルベインのロイヤルブルーと似ている、青みが強い)

・マイメリブルー ファイアンスブルー(滑らかで均一。色は明るめ、青みが強い)

・セヌリエ ブルーインダンスレン(セヌリエの絵具はどれもそうなのですが、とにかく発色が強い。インダンスレンブルーも色味が強く、濃く発色した)

・ターナー インダンスレンブルー(海外色15mlチューブのみ、色がとても渋い。今回比較した中では一番渋かった)

・シュミンケホラダム デルフトブルー(他のメーカーのものと比べ、赤みが強いです。青紫といってもいいかも。人気色なのもうなずけます。わたしのパレットにも入っています!)ダークブルー(渋みが強く、深みがある。これはこれで珍しい色)

・クサカベ ロイヤルブルー(PB60だけでなくPR122という赤紫の顔料がちょっとだけ入っている。なので少し紫がかった美しい色合い。発色はあまり強くない)

極端に色数が少ないシリーズでなければ、大抵どこのメーカーでも売っている色です。ただ、同じ顔料でありながら、わりとメーカーによって色が違うので、確認してから買った方がいいかもしれません。

この色は、好きな人が多い色のような感じがします。メーカー違いで集めている人もTwitterでよく見かけます多いようです。

深みがありながら、派手すぎず、他の色と調和させやすい落ち着いたブルーです。紺色としてもブルーグレーとしても使えますし、顔料自体も、スッと溶けやすいので塗りやすさがあります。

他の絵具でも代用が効くので、必須ではないですが、でも魅力的な色。ここ2年ほどパレットに入れていますが、最近よく使っています。

どんな風に使う?

派手派手な青ではなく、わりあいと落ち着いた色合いなので、混色しなくても使いやすいです。このブログでは混色のことをたくさん書いている私ですが、この色に関してはそこまで混色はしなくても使いやすく、そのまま使うことも多いです。

一色で表現できるほど、深い色合いです。

インダンスレンブルー、単色でもキレイ。

とくに赤や紫、緑、グレーなど色相が近いものと混ぜるのがおすすめです。すっと溶けやすく、濃く発色する色です。濃い色を手軽にだしたい時にはとても便利です。暗色って色々あるのですが、その中では濃い青(紺が一番便利でよく使います。

暖色と混ぜるのもおすすめ

グリーンと混ぜるのもおすすめです。私はこれがお気に入りです。

鈍くかっこいい青緑

どの色と混ぜても、渋みのある、落ち着いた色になります。おすすめが多すぎて紹介できない!

これはインダンスレンブルーで描いた夜とランプの絵。温かみのある光の色とコントラストにしています。インダンスレンブルーは青の中でも、比較的冷たい印象になりにくく、暖かみのある色彩とも相性がいいと思っています。

他の色とも混色していますが、ベースがPB60になっています!

最後に

いかがでしたか?

インダンスレンブルー(PB60)はついつい、メーカー違いで集めたくなってしまうような色です。

案外色味も違うので、別の色のような感じで使ったりしてしまいます。

色々ある中で特に個性的なのは、シュミンケホラダムのデルフトブルーとダークブルー、あとはターナーのインダンスレンブルーかな、と思います。中でもおすすめはシュミンケホラダムのデルフトブルー。少し紫がかった魅力的な色合いで、華やかです!

created by Rinker
Schmincke(シュミンケ)
¥1,391 (2021/10/17 00:12:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥308 (2021/10/17 00:12:18時点 Amazon調べ-詳細)

青の記事はこちら