★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

1000年後の旅人展

1000年後の旅人展に出展する作品をご紹介します。今回は本当に短い記事ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

1000年後の旅人展

ピカレスクギャラリー

【最寄駅】小田急線 参宮橋駅(徒歩約5分) / 京王線 初台駅(徒歩約10分)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-54-7

【会期】2022年 4月2日(土) – 4月24日(日)

オンライン:2022年4月3日(日)20:00 – 4月24日(日)24:00

【基本営業日時】平日水~金 11~16時、土日 13~18時 月火祝 定休

103名のアーティストが、

「当時の人々」「当時のわたし」に想いを馳せる旅人を描いた新作のハガキサイズ原画作品を発表する「1000年後の旅人展」。

とのことで、未来の旅人をテーマとした展覧会です。

今回は2点出展しています。作品は全てポストカードサイズ。

(額と一緒に購入することも可能ですが、基本、作品のみの取り扱いとなります。)

まだ見ぬ海を目指して

美しいけど模造の海。本当の海を探している

素材|透明水彩、色鉛筆、ウォーターフォード紙

スーツケース やトランクを描くのがとても好きなので、また描きたいなあと思いました。水族館やアクアリウムも昔から好んで描いたモチーフです。

星の道しるべ

旅人を導く星のしるべ。航路を暗黒の空に取れ

素材|透明水彩、色鉛筆、ウォーターフォード紙

旅人ではなく、旅人を導く星です。電気のないところで見た星は思ったより数が多かったし、月は思ったより明るかった。そんなことを思い出しました。

ピカレスクギャラリーの紹介

ホームページでは作品紹介の短い動画も見ることができます。音楽も相まってとても幻想的な雰囲気。会期は4月2日〜24日と3週間ととても長いので、ご高覧いただけたら嬉しいです。

ピカレスクギャラリー作品紹介ページ

たくさんの作家さんが出展しているので、お気に入りが見つかるかもしれません。