アクリル絵具と水彩のちがい

今回は、アクリル絵具と水彩絵具を比較してみようと思います。水彩絵具とは透明水彩のことも指すし、不透明水彩のことも指します。

このサイトは、主に透明水彩についてフォーカスしているので、アクリル絵具が透明水彩の代用品として使えるのか?という点にも焦点をあてたいと思います。

アクリル絵具と水彩の違い(成分)

絵具は「顔料」という色の粉と「メディウム」という顔料を紙などに固着させるもの、2つの物質が混ぜられてできています。

アクリル絵具も、水彩絵具も「顔料」は実は同じようなものが使われています。

違うのは「メディウム」です。

粉(顔料)とメディウムを混ぜると絵具ができます。

アクリル絵具の場合はアクリル樹脂、透明水彩の場合はアラビアゴム、がメディウムとして使われています。

  • アクリル絵具のメディウムはアクリル樹脂
  • 水彩絵具のメディウムはアラビアゴム

ですので、アクリル絵具と水彩絵具は全く別の画材ということになります。

2つとも、「水に溶かして使える絵具」という共通点はありますけど(^^)

なので、アクリル絵具と水彩絵具は混ぜて使うことができません。

(乾いてから、重ねる分には問題ないです。)

ちなみに
水彩絵具には、さらに透明水彩と不透明水彩の2種類があります。透明水彩も不透明水彩もメディウムは、アラビアゴムで共通ですが、顔料の濃度が違います。詳しくは別の記事に書きましたので参考に

透明水彩と不透明水彩の違い

アクリル絵具と水彩絵具の違い(特性)

1.耐水性

アクリル絵具は一度乾くと、水に溶けません

水にといて使う絵具なのに、乾くともう水に溶けない、なんて魔法のようですが、この特性が、普通の水彩絵具と一番違うところです。

乾いた後に、何度も色を重ねることができます。

その代わり、修正もできないです。一度乾いてしまうと取れないので。よく注意しながら描きすすめていきます。

そして服に絵具がつくと取れません。

普通の水彩絵具は耐水性はありません。なので、色を塗った後に、色を重ねると下の色が溶けてしまうことが多いです。そのかわり、修正したり、リフティングの技法をすることができむす。

ただ、水彩紙によっては、色を重ねられるものもあります。かなり紙に左右されるのが透明水彩の特徴です。

2.接着性

アクリル絵具は何の上にでも描けます

紙でもキャンバスでも、板、布、石など、絵具がくっつきやすい性質を持つので、色々なものに絵が描けてしまいます。(こんな画材は他にはありません。)ただ、つるつるしたプラスチックなどには描けません。

一方水彩絵具は、紙の上にしか描けません。

そして描き心地は紙の種類にも左右されます。

3.耐光性

アクリル絵具は色あせしにくいです。

水彩絵具も、画材店に売っているようなものであれば、そう簡単に色あせしたりしません。

が、例えば、野外で飾るとか、室内でも日が差し込むような場所に飾りたい、という場合は、アクリル絵具の方が色あせには強いです。
私も自分で描いた水彩画を、西日が差し込む部屋に飾っていたことがありましたが、少し色あせしてしまいました。

アクリル絵具は不透明水彩の代わりになる?

水彩絵具は透明水彩と不透明水彩の2種類に分けられますが、その中でも「不透明水彩の代わりになるか?」お話ししたいと思います。

ちなみに不透明水彩とガッシュは同じものです。

結論からいうと、

アクリル絵具は不透明水彩の代わりに使うことができる

不透明水彩の代わりに使う場合、かなり使いやすいです。

先ほどお話しした通り、アクリル絵具は、乾くと水に溶けないという性質があります。なので何度も色を重ねられます。これによって、修正をしたり、細かいところを後から描き足すことが、圧倒的にやりやすいです。

不透明水彩は、色を重ねると、下の色が動いてしまうことがあるので、なるべく、色を重ねない描き方の方が(塗り絵のような感じ)いいと思います。

なので、不透明水彩を使っていて、描きづらさを感じる場合は、アクリル絵具を使ってみることをお進めします。

アクリル絵具は透明水彩の代わりとして使えるか

アクリル絵具で透明水彩風の絵が描けるかどうか?ということについてです。

透明水彩は絵具に透明性があるので、色のついたセロファンを重ねたような表現ができて、とてもきれいです。

にじみも透明水彩の特徴です。

このような絵をアクリル絵具で描くことができるか?というと…

アクリル絵具で透明水彩風の絵は描けるけど、全く同じではない

アクリル絵具は一度乾くと水で溶けない性質があるので、何度も色を重ねることができます。上から色を塗っても下の色がにじんだりしません。つまりアクリル絵具は重ね塗りに強いです。

その代わり、アクリル絵具では、透明水彩ほど、「にじみがきれいに広がらない」です。そしてぼかしやリフティングのテクニックもあまりできません。

なので、全く同じようなものができるわけではありません(ただ、作品として仕上がってしまうとあまり見分けがつかない)

あと、透明水彩のように使えるアクリル絵具は、限られていて、ホルベインのインクタイプか、リキテックスのリキッドタイプ、そしてゴールデンとホルベインのフルイドタイプです。この辺りはあまり店舗で取り扱いがなかったり、色の種類も限られてきます。

が、アクリル絵具のいいところもあるので、うまく活用できると良いと思います。

まとめ

  • アクリル絵具と水彩絵具は、メディウムが違う(別物)
  • アクリル絵具は、水彩絵具に比べて、耐水性、接着性、耐光性のすぐれた特徴がある
  • アクリル絵具は、不透明水彩の代用品としてすぐれている
  • アクリル絵具は、透明水彩の代用品として使えるが、まだ課題もある

アクリル絵具は、比較的新しい画材で、水彩絵具は昔からある伝統的な画材です。

アクリル絵具は、すぐれた画材なのですが、できることが多すぎて、特定の目的(例えば、透明水彩風の絵が描きたい!野外で使う看板を描きたい!油彩風の絵が描きたい)がないと、何から手をつけていいか分からないかもしれません。絵具もメディウムも種類が多すぎて初心者にはハードルが高いです。

他のジャンルと違い、アクリルの技法書やマニュアルがあまりありません。

アクリルと水彩は成分的には別物ですが、かなり似た絵を描くこともできるので、目的にあった方を選べばよいのかなと思います。