透明水彩のイラスト、ペンで線画を描く?鉛筆で線画を描く?同じ絵で比較して見た!

透明水彩の線画の記事を描きましたが、似たような絵を「線画をしっかり描いた場合」と「線画をはっきり描かない場合」に分けて、比較してみたいと思います。

線画の描き方で、雰囲気が変わるので、比べてみてください。

どちらが正解ということはないので、「好み」や「どういう風に見せたいか?」「絵柄との相性」を考えて参考にしてみてくださいね。

まずは同じ線画を2つ用意しよう

まず、同じ線画を2つ用意したいと思います。同じような絵でないと比較がしづらいですもんね。

トレス台がないので、紙に描いた下絵の裏を黒く塗って、水彩紙に写そうかな。

とりあえず、トレーシングペーパーに下絵を描いてみました。

とりあえずトレーシングペーパーに下絵

で、裏を色鉛筆でザクザク塗って、ボールペンで上から描いて、転写!

が…

昔ながらの方法で転写。

薄すぎて全く見えなかったので、結局もう一度線を描き起こすことに。

かれは
かれは

うまくいきませんでした。
裏を塗るのは柔らかめの鉛筆が良かったかも〜

細部が適当なため、微妙に違う線画になってしまいました。

同じ絵の線画を用意するには、

  • PCにスキャナで取り込んでから水彩紙にプリントアウトする(ただし、一般的な染料インクは水で滲んでしまうので、薄い色でプリントするとか、顔料インクを使うとか工夫が必要だと思います)
  • カーボン紙や念紙で写す
  • トレス台で写す

など色々方法があると思います。

線画のペン入れ

2つの線画のうち、左の線画にペン入れしたいと思います。

水彩の線画に使えるペンは、耐水性のものでなくてはいけません。上から水彩で塗ると滲んでしまっては困りますよね。

使ったのはピグマのセピア0.03と0.05

特にこだわりがあるわけではないのですが、黒だと色が濃すぎることが多いのでグレーや茶色が良いと思います。ただpigmaは廃盤が決まり、多くの色と太さがなくなってしまいました。セピアの0.03は続投のようですので、買うことができます。

created by Rinker
ピグマ
¥210 (2021/10/17 01:00:35時点 Amazon調べ-詳細)

ほかにも、コピックマルチライナーの耐水性のペンなので、透明水彩の線画として使うことができます。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥990 (2021/10/17 04:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

ブラウンかグレーが濃すぎなくて、使いやすいかなと思います。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥880 (2021/10/17 08:13:59時点 Amazon調べ-詳細)

このあたりが一般的な、水彩のペン入れに使えるペンかなと思います。

丁寧に線画を描きますが、いつもすることではないので、割と苦戦してしまいました。ペンでなぞるタイミングは、実は色を塗る前ではなくて、少し塗ってからでも大丈夫です。

漫画とは違うので、そこまで厳密なペン入れでなくても大丈夫です。

完成した線画、左はペン線画、右は色鉛筆のみ

色鉛筆は紫がかった赤茶色を使用しました。

線画を描いたあと着彩!

今回は同時に着彩してみました。

なるべく使う色も同じにしないと、比較しづらいと思ったので。

左を塗ったら、右を塗って…行ったり来たり。2枚同時に同じ絵を描くのは初めてだったので、とても変な感じがしました。

このあたりまではあまり差をつけないで塗りました。

このあたりから、ペン線画、色鉛筆線画のそれぞれの良さが活きるように、ちょっと塗り方や色ののせ方を工夫しました。

ペン線画と色鉛筆線画を比較しよう

完成品を見ていきましょう!こんな感じになりました。

どうでしょうか?

結構印象違いますよね。

いくつか全く違うところがあるので、一つずつ比べながら見ていきたいと思います。

①白い花の部分

ペン線画と色鉛筆線画では、白いものの表現に違いが感じられるのではないでしょうか?

ペン線画では白い花の形はくっきりしますが、色鉛筆線画では線が薄いので、あまりくっきりしていません。ですが、色鉛筆線画の方の白い花の方は、黒い境界がないため、より白っぽく見えたりもします。

②顔

目元や鼻、口元にペンが入ると、目鼻立ちがくっきりします。特に鼻は、ペンでなぞるか最後まで迷ったパーツです。鼻までペンを入れてしまうと、ちょっとキツめの顔だちになってしまうかもですね。。

顔立ちを、より立体的にしたい時やフワッと柔らかい雰囲気にしたい時は、色鉛筆線画の方がいいかもしれません。

ひよこ
ひよこ

表情も違って見えるね!

③髪の毛

髪の毛は、ペン線画の方は毛の流れが分かりやすいですが、立体感や質感が感じられにくく、平面的で装飾的になります。色鉛筆線画の方は、毛のふわふわ感やさらさら感など、質感の表現にも強いと感じました。

私はどちらも気に入っています。

④色が目立つのはどっち?

どちらも同じような濃さで塗ったつもりですが、花のオレンジやリボンの赤が、より目立つのは色鉛筆線画の方ではないでしょうか。黒い線があると、色の印象は少し和らぐようです。

色鉛筆線画の方は、線がほとんど目立たないので、色の印象を強くしたい時には、向いていると思います。

かれは
かれは

形がわかりやすいのはペン線画
色が際立つのが色鉛筆線画

⑤形が目立つのはどっち?

一方、複雑な形をはっきり見せることができるのは、ペン線画の方です。黒いしっかりした線があることで、花の形、リボンの形、髪の流れ、目鼻立ち、とにかく形を目立たせやすいです。

特に細かい装飾品や小物などを絵に取り入れたいときには、ペンを入れた方が、画面が混乱しません。

⑥どちらの方が色が薄くてもOKか?

あっさりした塗りに向いているのは、意外にもペン線画の方でした。黒い線がある分、あまり陰影や色彩などで説明しなくても、物足りなさがないのです。色を淡く仕上げたいときも、ペン線画の方がいいかもしれません。断然見やすさがあります。結構、線が効いている感じがしました。

色鉛筆線画の方は、線がないため、濃淡や陰影でしっかりコントラストをつけないと、形をはっきり見せることができませんでした。そういう意味だと、色鉛筆線画の方が、やや着彩の難度が高く、時間や手間もかかりがちでした。

上手にまとめてくださった方がいらっしゃったので、引用しちゃいますね…

ペン線画の方が線画を描くのに時間がかかりましたが、色鉛筆線画の方が、着彩に時間がかかりました(あくまで傾向の話です)

比較まとめ

ペン線画色鉛筆線画
くっきりして見やすいやわらかな表現
線があるため、着彩はあっさりでもOKコントラストは強めに、色も強めに
細かい小物などの描写に向く複雑な塗りに向く
形をはっきり見せるのが得意陰影や質感、色彩を見せるのが得意

これが線画比較して見て、感じたちがいです。もちろん、見る人によって他にも違いがあるかもしれません。

ひよこ
ひよこ

結構印象は違うんだねえ。。

最後に

というわけで、ペン線画と色鉛筆線画を比較してみました。今までなんとなくの違いを感じてはいたんですが、今回ちゃんと検証してみて、すごく納得しました。

ペン線画と色鉛筆線画では、思ったより印象が違うし、それぞれ得意なことも違うんですね。

ペン線画だと、漫画っぽくなるという方もいるんですが、ジャンルの問題ではなくて、「形をはっきり見せるのか、色彩や陰影、質感を見せたいのか」どちらの要素を見せたいのか、ということではないかと思いました。

ペン線画 VS 色鉛筆線画ではなくて、部分的に使い分けても面白いと思います。

あとは、好みや画風に合わせて、色々試してみたらいいかもしれません✨

ひよこ
ひよこ

どっちも良さがあるよね

かれは
かれは

そうだね!
線画の色や太さでも変わるので試してみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。