★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

展示初心者さん、必見!展示前にやること、準備をまとめたよ。

はじめて展覧会に出ようと思っている作家さんに向けて、展示に向けて準備する項目を書いてみます。結論!少し時間の余裕を持って製作するのがおすすめです。(とはいってもぎりぎりまで粘っていることも…🐥)

展示に出ることを決めるタイミング

展覧会に出ることが決まるのは2〜3ヶ月前くらいが多いです。企画公募など、自主的に申し込みをするものはだいたいそれくらいに。半年くらい前に決まる展示もあります。お誘いも2ヶ月以上前だとお受けできることが多いです。個展は1年くらい準備が必要です。

かれは
かれは

展示計画は早めにたてよう!

応募が会期直前に始まるような展示の時は、展示スケジュールを確認して、出ようかなと思ったら応募が始まる前に先に作品を準備してしまうことも。(出品サイズは下調べしておく必要あり)ギャラリーのスケジュールカレンダーなどで、半年先くらいまでの展示予定は見ることができます。

今までの感じだと、募集をかけて出展者を集めるような展示の場合、希望していたのに参加できなかったということはほとんどないですが、人気の企画はあっという間に参加者が集まって、募集終了になることも。よくスケジュールをチェックしないとですね!

ひよこ
ひよこ

早く申し込まなくちゃ!

いつまでに作品が完成していた方がいい?

私はだいたい2ヶ月先を見て作品を制作しています。

とにかくギリギリになって焦って制作するのが大の苦手。時間的なプレッシャーは一切感じずに、制作したいと思っています。焦りが出た途端、ダメにしてしまうことも多いからです。時間が足りなくて妥協しちゃった作品を出すのがどうしても嫌なんです。

ただ、メインの作品とは別に出展するドローイングや小作品、ATCなどは少し期日が近づくまで制作することもあります。(あまり気負わずに制作できるから✨)

額装する作品は2週間前までには制作が終わるように心がけています。(もちろんギリギリになることもありますが、理想)

なぜならば!展示に出す場合、「作品が出来上がってからでないとできない作業があるから」です。

それは、スキャンしてPCに取り込み、額装、キャプション作り、納品書の記入、梱包、配送、あとはSNSやブログで宣伝という作業が待っているからです。

ひよこ
ひよこ

やること多い!
大忙し!

これらは作品が完成するまで手がつけられないので、作品は早めに仕上がっている必要があります。

特に休日しか時間が取れないという人だと、もう少し余裕があってもいいのかも、と思います。

作品が仕上がったらすること

まずはスキャン

作品が出来上がったら、まず額装する前にスキャンしておきます。スキャンしないという場合でも必ず写真を撮っておきます。額装してしまうと、反射でうまく作品の写真が取れないので、先に撮影しておきます。これはSNSの宣伝でも使うので必須。

作品がお迎えされると、もう一生見ることはないので、記念の意味でも。

私はこのCCDスキャナを使ってます。とてもきれいにスキャンできるので大満足!グッズ製作も、このデータをもとにするので、高画像でスキャンしておきます。

サインの有無を確認

額装前にチェックするのは、作品の表面にサインがあるかどうか。サインは必ず入れています。ギャラリーの特記事項になくてもこれは必須です。作品と作家を繋ぐ証明とも言えます。どうしても表面に入れたくないなら裏面でもOKですが、ギャラリーによってはNGのことも。サインではなく落款でもOK。

はじめて出展する作家さんは見逃しがちなので、注意してください。そしてどんなサインを入れるか考えておきましょう。私の場合は表面にKarehaのサイン、裏面に、空の果て/枯葉庭園/2022/8月のようにタイトルと日付を入れています。

ひよこ
ひよこ

どんなサインにしようかな
hiyoko・・・?

額装する!

作品ができたら、次は額装です。

もちろん「額装しないで展示する」という選択肢もあるので、その場合はこの項目は飛ばしてください。

額装のページがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

額屋さんで額装してもらいましょう。大手の画材店だと、額のサンプルがたくさん見れます。個人の小さい額縁店だとゆっくりオーナーさんと相談しながら決めることができます。店頭に在庫がない額は取り寄せができます。ただ、初めて行くなら、大手の額縁店で、たくさん額を見て値段や雰囲気を見てみてからにしたほうがいいかも(その方がイメージがつきやすい)

小作品は全然問題ないのですが、メインの作品には100均の額はやめたほうがいいです。グループ展では売れっ子作家さんはかなり額装に気合が入っているので、そこで見劣りするのは損だと思いますよ。

額装は規格額の在庫があり、マットをカットしてもらうだけなら、数時間(店舗によっては15分くらいでやってくれるところも)くらいでやってくれるところが多いです。つまりその日中に持って帰れます。額の在庫がなく取り寄せになったりすると時間がかかります。(マットも取り寄せになることがあります)複数の額装をするときも時間がかかることが。3〜4日くらいで届くことが多いと感じてますが、1週間くらいかかることも。

なので直前に額装しようと思うと、妥協しないといけないこともあるのです。なので、早め早め。

ひよこ
ひよこ

むむっ

額を受け取ったら、後ろの紐が結ばれているかチェックです。展示用の紐です。額装店に額装を頼んだ場合は上手に結んでくれています。ミニ額の場合は、吊りカンがついていないことも多いので、そのまま展示できるようになっているか確認します。(なっていなかったら、額縁店にお願いするか、自分でつける)

かれは
かれは

三角吊カンの付け方はまた紹介するよ!

キャプション作り

額装と同時にできることがあります。それはキャプション作り。これも記事があるので見てみてね。

キャプションに記入するのは、作家名、タイトル、使用画材、作品サイズ、制作年月日、価格です。

タイトルは作品を描きながら、または作品が完成した時点で決めておきます。使用画材やサイズも書き終わった時点でどこかにメモしておくのをおすすめします。サイズは額装後のサイズではなく、作品そのもののサイズです。画材は、特に使用した紙など忘れてしまうのでメモしておいた方がいいです。

一番悩ましいのは価格ですが、これを書かないと納品書が書けないので、決めます。私もかなり悩み、納品書を書き終わってもまだ迷っていることがありますが、展示経験が増えるとなんとなく相場が分かってきます。

キャプション作りは、慣れていないとけっこう手間がかかるので余裕をもって作業を!額装するときに、一緒に画材店でスチレンボードや、キャプションにはりつけるしっかりした紙を買っておくといいです。おすすめはスチレンボードに貼った立体バージョンですが、「もう無理!時間ない😭」という時は、名刺サイズのメッセージカード(分厚め)を買って、そこに手書きで必要事項を書き込んでもOK。

キャプションも展示によってサイズ制限があることがあるので、よく確認しましょう。

額裏のシールを貼る

額装ができたら、額の裏に作品の情報を書いたシールをはります。内容はキャプションに書いた内容と同じでOKですが、こちらはサイズと価格は書かなくてOK。作品のタイトル、制作年月日、作家名、画材くらいでしょうか。

お迎えしてくださった方は複数作品を購入しているので、誰の作品だっけ?となることが多いようです。時間が経ったりすると大事な情報になったりします。

ドローイング系はギャラリーの規格に従いますが、作家名と価格を書いたシールを表面に貼るというのが多いかな。こちらも表面にサインと裏面に作家情報などのシールを貼り、透明フィルムの中に名刺も入れておくと親切です。

小作品もふつうの作品と同じ対応です。

あと額の箱にも作家名と作品名を記したシールを貼っておきます。私は額裏を傷つけたくないので、剥がせるシールに書いています。額箱はグループ展では迷子になることがあるので、記名。

納品書に記入

全部終わったら納品書に記入しましょう。これは求められないギャラリーもあったりしますが、いままで参加したほとんどの展示で必要でした。excelで記入して、メールで送信だったり、フォーマットをダウンロードしてプリントアウトして作品と一緒に納品だったり。展示によってマチマチ。

プリンターを使う場合もあるので、要チェック。家にプリンターないよ、という場合はコンビニのネットプリントを使います。結構面倒なのであまりぎりぎりにならないように。納品書は書き損じることがあるので2〜3枚プリントアウトしておきます。ギャラリーの方が混乱しないように、書き損じはないように。

かれは
かれは

納品書は、出品する作品のタイトルや価格、個数など、ギャラリーで展示販売してもらうものの総数を記した書類です。

梱包、配送!

ぜんぶできたら、梱包、配送です。梱包の記事も書きましたので詳しくはこちら↓

どの段ボールを使って送るのかを決めておきます。自宅に届いた段ボールを再利用するのもOKですが、丈夫なものか、傷みはないかチェック。売れ残った作品を返送してもらうことが多いので、往復に耐えそうかは考えて。

もちろん大きな段ボールよりも作品にぴったりのサイズの段ボールでぴっちり詰めて送った方が安いです。なるべくコンパクトに梱包します。額装作品は梱包材にくるんでしっかり梱包(たまに、開封のお手伝いをしていると、不織布やビニール袋に包んだだけ、というのを見かけますが、額は角が傷つきやすいので、梱包材にくるんだほうがいいです)すきまは何かで詰めましょう。段ボールに詰めるのは慣れていないとかなり時間がかかります。段ボールには記名をしておいた方がいいですね。

詰めれたら、配送に。ヤマトか、ゆうパックの二択かな。ギャラリー都合の日付、時間指定があることが多いので要チェック。返送してもらう場合は着払い伝票も入れます。配送にどのくらい時間がかかるのかはあらかじめチェックしておきましょう。

わたしは3〜4日前くらいには配送してしまいます。前日までバタバタするのは避けたい。

1〜2週間くらい前からSNSで通知したり、ブログの記事も3日前にはあげたいので、そちらの方にも時間が欲しいですね。

展示前の作業量はそこそこ多い!

結構作業量が多いのがお分かりいただけたでしょうか。1番の悩みどころは、額どうしよう!価格の決定かなと。

額が決まらないと段ボールが決まらず、価格が決まらないとキャプションと納品書が書けません。この2つは早めに決めておくと安心です。

慣れてくると、描きかけの作品を額縁店に持ち込み、先に額とマットをオーダーしてしまったり、額を先に確保しておいて、額に合わせて作品を制作なんてことも。

かれは
かれは

そうするともう少し
ギリギリまで描ける!

特にミニ額に関しては、作品を作ってから用意しようと思うと、作品にぴったりのデザイン、サイズのものを探すのが至難の業だったりします(何度か失敗してます💦)なので、ミニ額は「いいを見かけたときにストックしておく!」をお薦めします。

配送伝票も時間のある時に何枚かストックしておくと便利です。

私も展示前にはバタバタします。ギャラリーや企画によって規約がちがうので、とても混乱することもあります。なので規約はあらかじめプリントアウトしておくことも。スマホでチェックしているとどうも見落としが多いです。

かれは
かれは

プリントアウトして、大事なところに線を引いたりしてます

直前に焦ると、ミスが連発してよくないです。とくに準備時間が、土日に限られる時にはもっと余裕をもった方がいいかもです。作品をぎりぎりまで制作したいときは、その他のこと(額を用意する、キャプションをつくる、納品書を書くなど)先にやっておくと、少し余裕ができます。

いつも何となく焦ったりしているので、今回まとめてみて自分のためにもなりました。せっかく作品を出すからには、準備はしっかりして臨みたいなと思ってますが、ついついぎりぎりになっちゃうことも💦

ただ、少し見通しができてると焦らなくても済むかも、と思って記事書きました。

ひよこ
ひよこ

楽しんで!

展示関係の記事