本サイトはアフィリエイトやPRが含まれていることがあります。

正確な塗りや細部表現にも!名村大成堂の自在皆宣をお迎え!

前々から欲しいと思っていた筆、名村大成堂の自在皆宣という筆。のびのびとなっていました。やっとお迎えできたので、レビューを書きます。

名村大成堂の自在皆宣

なぜこの筆が気になっていたかというと…

特選東紅の兄弟分のような筆とのこと。

どっちが兄ちゃん?東紅?

ひよこ
ひよこ

特選東紅のヘビーユーザーである私としては、これは買わなくちゃ!買って比較しないと!とは思っていたんです(というものの特選東紅に満足していて、あまり他の筆を買いたい意欲が出なかったのもあり笑)

特選東紅は私が一番よく使っている筆です。適度なコシ、柔らかさ、適度なシャープさで万能感のある筆です。あまりに気に入ったので、値上げ前に大量にストックしました。(値上げ後も買うけどね)

ただ、値段が少し高くなってしまったこともあり、別の選択肢も欲しいよね、と。

自在皆宣のほうがちょっとお手頃かな?

created by Rinker
名村大成堂(Namurataiseidou)
¥1,844 (2024/02/21 19:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

また名村さんがTwitterで取り上げてから、出荷数が爆上がりしたとのこと。これは純粋に使ってみたい…!

ついにお迎えしました!

自在皆宣の見た目をみてみよう

自在皆宣は、大、小2サイズありますが、枯葉が購入したのは大サイズです。

大といっても、そんなに太いわけではなく、特選東紅の中と同じくらいですね。

ほぐす前は、毛先がシャープすぎてちょっと気になりました。こんなに細くて大丈夫かな?でも筆って、糊をとってほぐしていくと、ふわっと広がるのでたぶん大丈夫…

こうしてみると、かなり毛先が細めの筆であることがわかります。そういえば、毛先がシャープな筆って、あまり買ったことないかも。塗り方が限定されちゃう気がするけどどうなのかな?

かれは
かれは

とはいえ、思いこみはよくないです!
使ってみないとね。

ひよこ
ひよこ

そうだよ!使ってみないと!

自在皆宣 塗り心地は?

水含み

そこそこという感じでした!多すぎず、少なすぎず。水含みは多ければ多いほどよいというものでもなく、あまり含みすぎるとボタッとついてしまったり調整が大変な一面もあります。特選東紅にくらべると、少なめなので、コントロールしやすいと感じる人も多いかも。

色の濃さ

あと、絵具の粒子のキャッチ力が違うのか、同じような感じで塗ったとき、自在皆宣の方が色が淡め、東紅特選の方が濃い目でした。これも好みですかね。たぶん水分の割合が多くなるみたいで、乾くと少しエッジができやすいののも自在皆宣の方でした。

線の描きやすさ

最初はうまくいかなかったのですが、慣れてくると細い線をすう〜っとひいたりすることができるようになりました。やはり毛先が細いため、細く入って細く抜けるみたいな表現がすごくしやすいです。葉っぱを描いてみると分かるのですが、葉っぱの先端を細くするのがきれいにできました!(東紅特選だともう少しぽってりした線になります)

筆の毛先が長めの筆ってちょっと操作が難しい印象があるじゃないですか。意外と弾力があってブレないので、慣れていない人でも綺麗な線がひけると思います。

毛先が負けやすい

ただ、毛先が細くて繊細な分、荒目の水彩紙や、弾きが強い水彩紙など、ハードな面に筆の毛先が負けやすかったです。これは東紅もそうなのですが、自在皆宣はもっとでした。

負けやすいというのは、毛先が弾かれて、滑らかな線が描けない、パサつくイメージです。

こういうときはナイロン筆の方がコシがあって、綺麗に塗れたりします。こあたりは使い分けなのかなと思っています。

思ったよりきれいに塗れない、という場合は紙との相性がよくないのかもしれません。

あとは、絵具をパレットから取る時や、パレットで色を混ぜる時など、筆に負担のかかる作業には向いてない感じがしました。先が細いので、うまく絵具が取れなかったりしました。なので、そういう作業はナイロンの筆を使う方がよさそうでした。

ひよこ
ひよこ

筆にも向き不向きがあるんだね!

どういう人に向く?

東紅特選は万能感があり、誰にでもおすすめできる筆だと思ったのですが…。

自在皆宣の方がもっと使い道やターゲットが明確な感じがしたんですよね。筆でちょこちょこ落書きしながら「どんな人におすすめしたいか」考えていたのですが…

自在皆宣は、細かいところをはみ出さないように塗りつぶすような画風に向いているのではないか?と思いました。試しにひよこの小さめのイラストを描いてみました。イラストが小さいと結構塗るのが大変なんですよね。かといって小筆を使うとひよこの丸い体の部分がムラになっちゃうこともあって。

こういう細かいものを細い毛先を使って塗ってみたら…

すごく塗りやすかった!

かれは
かれは

細かい作業向き!

たとえば人物画でもしっかり線の下書きを描いてから、線の中をきれいに塗りつぶしていく画風ってあるじゃないですか(コミックイラストはその代表格かなと思いますが、もう少し広く捉えてます)ある程度広い部分も塗れて、細かい形も塗りやすい。

正確性を問われる塗りに向いてます。

私は画風がざっくりしていて、塗りもはみ出し上等な感じなので、そこまで細かく塗っていく感じではないのですが、目や唇、髪の毛など、繊細さが要求されるパーツはあったりします。そういうときに活躍しそうだと思いました!

細かい部分だけ面相筆に持ち替えている方にはこの筆おすすめですね〜!

ひよこ
ひよこ

1本でいけちゃう!

最後に

というわけでレビューしてみました!やっと実現できてよかったです。

まやさんも特選東紅と自在皆宣の比較レビューしてますので、合わせて読んでみてください。とっても分かりやすいです✨

かれは
かれは

どちら買うか迷う人はこんな感じでどうでしょう?

グラデーション、にじみ、ぼかし、濃い色をのせる、など水彩らしい技法をたくさん使う→特選東紅

細かい塗りが多く、繊細さが要求されることが多い→自在皆宣

名村さんの比較も分かりやすいですよ!↓まさにこんな感じ。

購入はAmazonでもできます。筆1本で買うものが決まっていたら、こちらから購入も便利ですよね。

created by Rinker
名村大成堂(Namurataiseidou)
¥1,844 (2024/02/21 19:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

特選東紅のレビューはこちら、最推しの筆です↓