便利な黄緑、サップグリーン

今回は、とても便利な色、サップグリーンについてお話ししたいと思います。

サップグリーンは黄緑色

それも少しだけ彩度の低い黄緑色。渋い黄緑です。

黄緑は色相環の中では、黄色と緑の間に位置します。簡単に作れる色ではありますが、とてもよく使うので、パレットに入れています。

サップグリーンで表現できるものは多い

葉っぱや茎、果物、野菜、春の新芽、草原。。。

植物であれば、黄緑の部分は必ずあります。場合によってはもう少し、濃い緑のこともありますが。

よく観察してみると、植物の葉っぱなどは、そこまで彩度が高くないのです。少しだけ、渋い色です。

鮮やかな黄緑のこともありますが、絵では色々なものを画面に入れるので、バランスを取るため、少し彩度を落としたほうが、おさまりが良いこともあります。

もちろん、黄色と青の絵の具で作ることができる色みです。でもあまりによく使われる色なので、パレットに出しておくと大変便利です。一回一回作るのも手間なので。

もちろん、青と黄色で黄緑を作る方法も、マスターしておくと幅が広がりますね。どの黄色とどの青を選ぶか、で色々な黄緑作れます。

でも自然物は描かない、という方は、そこまで必要ではないかもしれません。

サップグリーンは完成された色

サップグリーンはあまりにもメジャーな色なので、どのメーカーでも見つけることができます。

サップグリーンは、どのメーカーの色も、ちょうど良い色みに調整されています。なので大変使いやすいです。絶妙!

ホルベインの12色セットにパーマネントグリーンNo.1という色が入っていますが、断然サップグリーンのほうが、使いやすいと思います。

また、サップグリーンと他の色を混ぜて、別の色を作ることもできます。私はとくに、ブルー系と混ぜるのが好きです。混色にも役立つ色です。

メーカーごとに色が違う?

もともと、植物から取られた古典的な顔料だったようです。

今は、耐光性の高い色を混合して作られています。

黄緑の顔料というのはないようで、大体、黄色の顔料とフタログリーンPG7(ホルベインだとビリジャンヒュー)か、PG36(ホルベインだとバンブーグリーン)の顔料が混ぜられています。そこに赤の顔料が混ぜられて、色が渋めにされているものもあります。

ホルベインだと、

  • PY150(透明感のある黄色)
  • PG7(ビリジャンヒュー)
  • PR122(キナクリドンマゼンタ)

3つの顔料で構成されています。ウィンザー&ニュートン、シュミンケホラダム、クサカベは黄色の顔料と緑の顔料の2色で作られています。

それぞれ、混ぜられている顔料や配分が違うのでメーカーごとに、「サップグリーン」という同じ名前でも色が違います。

クサカベのサップグリーンが一番明るい色です。黄色が強いですね。

ホルベインは独特の渋み(赤系の顔料が混ざっています)

シュミンケは、青味が強くかつ鮮やかな色です。

ウィンザー&ニュートンは青味が強く、渋めです。

ターナーはやはり渋めで、ホルベインとウィンザー&ニュートンの中間くらいの色味かな。

どれもいい色でNo .1を選ぶことはできません^^

思いいれのある色

私はサップグリーンの色がとても好きです。初めて透明水彩を買った、20年前からサップグリーンはずっとパレットに入り続けている、自分にとっての定番色です。あまりに好きなので、色々なメーカーのサップグリーンを買ってしまいます。

今はシュミンケホラダムのサップグリーンがパレットに入っていますが、使い切ったら、ウィンザー&ニュートンのものをパレットに入れるつもりです。一番好きなのは、ホルベインのサップグリーン。赤が入っているせいか、少し渋めの色ですが、それが絶妙な色合いです。

気になった人はぜひ参考にされてください。

では^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。