★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

黄色の質問に答えてみるよ!色々な黄色の使い分け。レモンイエローや山吹色って必要?

今回は面白い!と思った質問がありましたので、解説交えてご紹介します。黄色の絵具についてです。

黄色についての質問

黄色に関する質問でした。

b24d545e.jpg (600×455)

これね、記事に一回書こうと思ってたんですが、あんまり理屈っぽくなってしまうのもなあ、と思って外したという経緯があります。なので質問して頂いてよかったです。

以下回答になります↓

めちゃくちゃいい質問です!ガチ回答しますね。
レモンイエローは三原色のYに1番近い色のため、この色がないと作れない色があります。彩度の高い黄緑などです。ただ、私も単色では滅多に使いません。違う頻度は少ないのですが、手持ちのパレットで作れない色があるのは不安なので、一応入れています。
ただ、そこまでこだわらないなら1番よく使うイミダゾロンイエロー(カドミウムイエローライトくらいの黄色)が一色あれば充分と思います。
山吹色は確かに混色で作られる色ですが、山吹色を薄めるとクリーム色になったり(よく使う色)山吹色+別の色の混色がやや彩度が落ちて自然な感じなので、特にナチュラルな配色にしたい時には便利ですね。枯葉の絵はやや落ち着いたトーンなので山吹色の方が絵のトーンをまとめやすかったりします。
イエローオーカーも同じような用途で便利です。

レモンイエローとイエロー?

レモンイエローは色相の中ではもっとも純粋な黄色とされ、三原色のYに1番近い色です。蛍光ペンの黄色みたいな色です。(もちろん蛍光顔料は入っていません)

でも普通に「黄色」といって思い浮かべるのはこっちの色じゃないでしょうか↓

真っ黄色。

ひよこ
ひよこ

確かに!
ふつうに黄色っていったらこっちの色だね

いわゆる「まっ黄色」は具体的な絵具の名前でいうと、カドミウムイエローライト、カドミウムイエローミドル、イミダゾロンイエローなどです。

それにくらべるとレモンイエローは色が淡くも感じます。長女が、レモンイエローって黄色に白が入っているんだと思ってた。とむかし言っていましたが、感覚的には全くの間違いでもありません。。実際にはレモンイエローに白は入っていませんが、ふつうの黄色より明度の高い色だからです。

画像ではイエローとレモンの差が分かりにくいですね…

実はレモンイエローがもっとも純粋な黄色(黄色の要素しかない)で、普通の黄色はレモンイエローに少し赤が入った色なんです。実際に赤の絵具が混ざっているわけではありません。イエローは少しレモンイエローより少しだけ赤よりの場所にいる、ということです。

レモンイエローにしか出来ないこと

レモンイエローをパレットに入れる理由。

それは普通の黄色にはできない、レモンイエローにしか出来ないこと、というのがあるからです。

ひとつは彩度の高い混色。黄色の中でもとくに純粋な色なので、周辺の色との混色で最も鮮やかな混色ができるんです。

もう一つは、レモンイエローは、1番鮮やかな色の中で明るい色(明度が高い色)なので光の表現など、明るさを表す表現で使うことがある、という感じですね。

レモン色が固有色のものもあるので、単色でもたまに使うことがあります。レモンやお花(意外とレモン色のお花ってありますね)インコもレモン色でしょうか🍋

レモンイエローは使う人はよく使うみたいなのですが、使わない人は全くと言っていいほど使いません。

ひよこ
ひよこ

レモンイエローはいっぱい使う!
大好きな色だよ〜〜

かれは
かれは

私はあまり使わないかも!
好みの色調にもよるかもね。

枯葉ほ全体の色を落ち着いた色でまとめることが多いので、鮮やかな青や赤は使うのですが、レモンイエローはあまり使いません。質問者さんと同じように、同じ彩度が高い色でも、カドミウムイエローくらいで十分なことが多いです。

ただ、パレットのなかで作れない色域があるのは不安なので一応入れています。ただ使用頻度は低めです。パレットに入れているレモン色は、微妙に毎年変えていて、以前はシュミンケホラダムのレモンイエローが好きでしたが、今年はバナジウムイエローです。イミダゾロンレモンもお気に入りです。

created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥473 (2022/10/04 01:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

あまりこだわらない&彩度の高いレモンイエローは使わない、という場合は普通の黄色が1色あれば十分です。

カドミウムイエロー×フタログリーン

レモンイエローよりも、ふつうの黄色の方が、そのままで黄色を表現しやすいからです。混色でもレモンイエローほどではないですが十分鮮やかさを保てます。バランスがよく使い勝手がいいのです。基本7色がレモンイエローではなくふつうのイエローが入っているのはそういうわけです。

普通の黄色ってどの黄色?と思われる方におすすめなのが、カドミウムイエローライトとイミダゾロンイエローです。透明度や発色には少し差がありますが、どちらも基本の黄色として使えます。

個人的にはカドミウムイエローが推しですが、毒性表示があるので気になる方はイミダゾロンイエローで。

山吹色もおすすめ

とくに色調を落ち着いた感じにまとめたい人や黄色あんまり好きじゃない人には、山吹色やイエローオーカーの活用もおすすめです。

山吹色は普通のイエローにさらに赤が混じったような色になります。

山吹色は色を少し薄めると、やさしい黄色になります。クリーム色や明るいベージュのような色ですかね!インディアンイエローのような山吹色も素敵ですし、そこまでいかなくても温かみのある黄色カドミウムイエローディープくらいでもなかなか使い勝手はよいです。

かれは
かれは

ひよこちゃんはカドミウムイエローディープを薄めて塗っています

ひよこ
ひよこ

わっ!知らなかったよ

こちらは混色すると、さらに落ち着いた色味を作ることができます。

山吹色は、落ち着いた色味を作るのが得意な黄色ですが、黄土色イエローオーカーを持っていると役割が被ってしまうので、どちらかでいいかもしれません。

イエローオーカーの方はさらに落ち着いた感じでこちらも使い勝手がいいのでぜひ、この記事も読んでみてくださいね↓

実際には、自然には、鮮やかで純粋なレモンイエローよりも自然にはこんな感じの色の方が多く、全体のトーンを自然に見せたい時には役に立ちます。

色々揃えたい黄色

黄色は、めちゃ使う人と、あんまり使わない人で分かれるみたいです。黄色という色自体が好きで、よく使うかどうかもありますが、黄色を使った混色をたくさんするか、ということでも決まってくる気がします。

特にオレンジや黄緑、茶色やベージュなど色々な色調が作れる大事な色です。人物画だと肌の色にも使いますね。重ね塗りで仕上げに使って全体の色味を調整するのにも大活躍です。

枯葉個人は黄色の減りは早く、たくさん消費するので、たくさんあると嬉しいなあと思ってます。

黄色顔料の豊富なシュミンケホラダムやマイメリはやっぱり気になるメーカーです。

なのでまとめ↓

  • こだわらない場合は基本のイエローが1つあれば十分!
  • 鮮やかな色が作ってみたい場合は、レモンイエロー!
  • 落ち着いた色にしたい時は、山吹色やイエローオーカーも便利!

というわけで「黄色の使い分け!」語ってみました✨✨