★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

2020年一番たくさん読まれた記事は?Best 10を紹介!

このブログは2020年の6月に始めました。なので、開設してから、まだ半年なのですが、たくさんの方が見に来てくださるサイトとなりました。このサイト、何度もサイトを訪問してくださる方、いくつも記事を読んでくださる方が多くて、本当に嬉しいです^^

ありがとうございました!!

ということで、一年の締め括りとして、今年、どの記事にアクセスが多かったのか、発表したいと思います。

どんな記事がランクインしてるかな😚

第10位

混色の記事ですね。私は混色推し♪

「限られた5色のみで無限の黄緑を作る」という内容の記事で、Twitterでの反応も多く、とても興奮しました。この混色の記事を読んで「〇〇の絵具を買ってみました」という感想も頂いて、嬉しかったですね^^

「役に立ったよ」という感想が、ブログの記事を書く1番の原動力になっています。

混色の記事は上位にもう1つランクインしてます。

第9位

ターナー12色セットを紹介した記事でした!

ターナー透明水彩の記事は他にも上位にランクインしていて、皆さんの関心が高いんだな、とびっくりしました^^

ターナー透明水彩を本格的に触ったのは、今年が初めてだったのですが、低価格なのにとても高品質な絵具でとっても気に入りました。特に通販で買われる方は、バラバラに一色ずつ買うより、セット購入の方が楽なので、この12色セットはかなりおすすめです。内容については、記事をご覧くださいね^^

第8位

透明水彩のおすすめブランドを紹介した記事でした!この記事では3つしか紹介していないのですが、本当は紹介したいブランドがたくさんあります。

来年2021年はもっとボリュームを増やした記事をのせたいと思います。楽しみにしていてくださいね〜^^

第7位

透明水彩の青ばかり集めた記事です。透明水彩の青ってとても人気があります^^

青い絵具ばかり集めている方もいるくらいです。

この記事では、主要な青の顔料のお話をしています。青は大きく分けて6種類なんです。

どの青も捨てがたい〜。全部パレットに入れたくなっちゃいます。

第6位

こちらは色々なメーカーの紫を比較しています。紫の絵具もいいですよね〜。

アクセス数は7位の青の記事とほぼ同じくらいでした。

紫は、混色であまり鮮やかな色が作れないので、紫の絵具が一色はあるといいかな、と思います。

第5位

金絵具の記事です!こちらも7位の青の記事、6位の紫の記事とほぼ同じくらいのアクセス数でした。

ちょっと意外でした。最近メタリックカラーが増えてきているので、絵に金属色やパールカラーを取り入れたい方も増えてきているのかもしれませんね。

ふむふむ。

第4位

いまひとつ使い方の分からないフタログリーンをフル活用する記事!12月頭に投稿した記事でしたか、瞬く間にアクセス数を伸ばし、4位にランクイン。私もびっくりしました。

Twitterでも、「役に立った」や「読み物として面白かった」などたくさんの感想をいただき、嬉しかったです。

混色が活用できると、世界が広がりますよー!おすすめの記事です^^

第3位

シュミンケホラダムのおすすめの色を紹介した記事です!3位にランクイン!!

こちらはTwitterでは紹介しなかったので、ほとんどがGoogleの検索からこのサイトに来てくださっている方がほとんど。シュミンケホラダムの絵具は高いですし、取り扱いがある画材店も少ないですからね。シュミンケでしか買えない色を探している方が多いのでは、と思ったので、特徴的な色を何色か選んでいます。

もっと紹介したい色があるので、もう少し足したいな、と思っています。

第2位

ターナーのドットシートについての記事が2位でした!こちらも、Googleの検索からが多かったと思われます。新しく販売された、ターナー透明水彩のドットシートはお魚柄と惑星柄の可愛いドットシートです。海外限定色と今までの日本色についても全て網羅しています。

何よりターナー透明水彩の方から、「メーカー以上の解説、めちゃくちゃ勉強になる」と褒めていただけたのが自信につながりました^^ 嬉しい♪

第1位

映えある1位はこちらの記事!!超オススメの基本の7色の記事でした!

あちこちのページからリンクを貼っていたので、皆さんにたくさん読んでいただけたのだと思いますが、嬉しい!この記事は全記事の中で一番力を入れて書いた記事でした。

絵具は、限られた7色で混色をしていくと、色作りも色使いも上達しやすいです。

7色は絵具代も安く済むので、これから透明水彩にチャレンジしたい方にも、おすすめです^^


ということで、今年は、これでいったんブログの更新はおしまいです😌

商品レビューだけでなく、オリジナルの記事もたくさん読んで頂くことができ、とても嬉しかったです。

皆さま1年間ありがとうございました!!また来年もいい記事が描けるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。