透明水彩の混色!黄緑の作り方

今回は、混色によって、色々な黄緑を作る方法をご紹介します。見よ!混色の底力!

なぜ黄緑?

ひよこ
ひよこ

なぜ黄緑?

と思われた方、いらっしゃるかもしれませんね。

黄緑の顔料ってほとんどないのです。なので、売られている黄緑の絵具は、緑と黄色の顔料を混ぜて作られています。ならば、自分で作る方法もマスターしてしまいましょう!

黄緑は、植物や風景でよく使う色ではないでしょうか。緑は、チューブのままの鮮やかな色をそのままに塗ってしまうと、不自然な感じになりやすい色味です。なので、混色で、絵に映えそうな色を作るのがおすすめです!

まず、絵具を選ぼう

黄緑のつくりかた、確認

黄緑のつくりかた、わかりますか?

簡単!
黄色と青を混ぜればいいよね

かれは
かれは

黄色と緑を混ぜるのでもいいのよ

黄色は必要ですが、もう1色は、青でもいいし、緑でもいいです。

いずれも単一顔料(一つだけの顔料から作られている絵具)の絵具を選んでください。どの黄色を選び、どの青(または緑)を選ぶかで、作れる黄緑の色合いが変わってきます。

基本7色の色を使ってみる

黄色の絵具はたくさんありますし、青の絵具も緑の絵具も色々な種類のものがあります。ということは、黄緑を作れる組み合わせは無限大に存在するということです。。

が、話をシンプルにするために、以前記事で紹介した基本7色から絵具を選んでみたいと思います。

記事に登場する絵具については下の記事をご覧ください。

この7色の絵具は、とてもメジャーな色なので、どこのメーカーからも買えます!参考までに。

かれは
かれは

この中でどの色が黄緑を作るときに使えそうか、考えてみてね。

1種類ではないですよ〜

選ばれた5つの絵具たち

5色の絵具を選びました。

次の絵具です。

カドミウムイエロー

カドミウムイエローです。なかったら、パーマネントイエローなどでもOKです。鮮やかな黄色です。

イエローオーカー

イエローオーカーです。黄土色ということで、茶色のイメージを持たれる方が多いと思いますが、渋さのある黄色として扱うと、とても便利な色です。混色に使うと、相手の色をくすませる働きがあります。(私のパレットの中で一番減りが早いです)

シアン(フタロブルーイエローシェード)

こちらはシアン(フタロブルー)で、中でも緑よりの青です。プリンタのインクのシアンの色をイメージしていただけると良いと思います。鮮やかで、粒子の細かい色ですので、混色にとても向いています。

ウルトラマリン

こちらはウルトラマリンブルー。紫よりのブルーです。メーカーにもよりますが、比較的粒子が荒いので、混色したとき分離してしまうこともあります。ただ、この色味は、ウルトラマリンしかないので、仕方ないんですね。ウィンザー&ニュートンやターナーのウルトラマリンがおすすめです。

フタログリーン

作るのは黄緑なので、グリーンも使うことができますね。これはフタログリーン(ビリジャンヒュー、ウィンザーグリーンなど、メーカーによって名前が違います)です。単体で使うと、鮮やかすぎて困りますが、混色するときには、その鮮やかさが生きて、鮮やかな黄緑や青緑を作ることができます。

組み合わせて混色してみよう

この5つの絵具を組み合わせて、様々な黄緑を作ってみました。表にするとこんな感じです。

組み合わせで6種類も黄緑が作れます

ただ、この表だけではイマイチ、ピンときませんね。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう!

鮮やかな組み合わせから順番に紹介します。下に行くほど渋いです。

カドミウムイエロー×フタログリーン

こうしてみると、この中で、1番鮮やかな黄緑が出来るのは、カドミウムイエローとフタログリーンを混ぜたときです。

さわやかな黄緑になっていますね。

鮮やかな黄緑を作りたい時はこの組み合わせがよさそうです。

カドミウムイエローが不透明なので、作った黄緑も半不透明になります。しっかりしていて塗りやすさがあります。

カドミウムイエロー×フタロブルー(シアン)

2番目に鮮やかな黄緑になったのは、カドミウムイエローとシアン(フタロブルー)を混ぜたときでした。

こちらは市販されているサップグリーンの色味によく似ていています。少し落ち着いた色合いになりますが、1番本物の葉の色に似ていて使いやすそう。

イエローオーカー×フタログリーン

イエローオーカー×フタログリーンの組み合わせは、少し渋さは出ますが、使い勝手がよい組み合わせです。

こちらも自然の色に近いので、あまりに明るい緑が不自然だと感じる人にはおすすめの混色です。

ちなみに私はよく使う組み合わせです!

イエローオーカー×フタロブルー(シアン)

イエローオーカー×シアン(フタロブルー)の組み合わせは、枯草のような色味になりますが、このような色も使える場面は多いです。

どちらかというと、青の配分が多い深緑の部分が魅力的な混色です。

カドミウムイエロー×ウルトラマリン

カドミウムイエロー×ウルトラマリンの組み合わせです。黄色が多い部分は案外鮮やかです。オリーブのような色ですが、ウルトラマリンを足すと青みが出てきれいです。

葉だけではなく、川や湖などの水の表現にも使えそうな組み合わせです。

イエローオーカー×ウルトラマリン

いちばん渋いのはイエローオーカーとウルトラマリンです。

こちらはもはや黄緑とは言えないほど、渋いですね。植物というより、金属の表現などで使えそうです。

奥が深い混色

いかがでしたか?

5色の絵具を使って、6種類も黄緑ができました

また水を加えると、淡い黄緑を作ることもできます。なのでさらにたくさんの色を作ることができます。

今回紹介した混色6パターンのうち、じつは3パターンしか使ったことがありませんでした。残りの3パターンはこの記事のために、初めて混色したのですが、意外といい色味ができたので、すっかり気に入ってしまいました!

これで次から絵に取り入れることができます。

黄緑というと便利なサップグリーンに頼りがちなんですが、混色でさまざまな黄緑がつくれるようになったら、表現の幅が広がります。

こういう色ももちろん便利ですが…
グリーンの絵具一色だと、少し単調になってしまうことも。

もちろん、サップグリーンやオリーブグリーンも便利ですが、1色だけで塗ると地味な印象になってしまうこともあります。

やはり緑を混色で作ると変化をつけることができるので、表現に厚みを持たせることができます。

ちなみに!いま各メーカーから、色々な黄緑の絵具が売られていますが、その全てが、黄色の顔料とフタログリーンを混ぜて作られています。

なので、混色マスターすると、売られている絵具の色を自作することも可能です❗️

ひよこ
ひよこ

ええっ!そうなの!?

今回は、自分の考えた7色を生かした記事にしようと思い、7色のうち5色を使って、混色をしてみましたが、黄色系と青or緑の絵具であれば、全く違う絵具でも同じことができます。

また手持ちの絵具がたくさんある方は、色々な組み合わせで、緑を作ってみてください。

かれは
かれは

ぜひぜひ、お試しください♪

この記事に出てきた基本7色とはなんぞや?という方↓

今回の記事とは逆方向のお話です。2色の色を混ぜて、何色くらい作れますか↓

紫の混色を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。