★★個展「星月夜の幻想」(10/12~17)のお知らせ★★

ARTs*LABoの「月と星展」に出展する作品の紹介

9月21日〜25日に開催されるARTs*LABoの「月と星展」に参加しますので、出展作を紹介させてください。

展示参加への決心

ARTs*LABoはいつもテーマ展なので、いつもとても楽しそうで参加したいのですが、スケジュールがキツキツなので…

今回も個展間近なので、キツキツではあるのですが、テーマは「月と星」ということで、個展の「星月夜の幻想」のテーマとも共通するものがあります。もしお迎えがなければそのまま個展の会場に持っていけますので、参加を決心しました。

かれは
かれは

参加を決めてしまえば、絶対に描く!

作品制作、構想〜

今回の作品、らくがきラフからスタートしています。落書きラフとはいつも雑記ノートに描きとめている1分くらいで描く速書きのラフです。アイディアの種のようなもの🌱

テーマが「月と星」なので、「月と星」どちらも同じくらいの重みで絵に登場する作品、ということで考えてみました。単純に月と星を空に並べるだけではちょっと物足りないかな、と思っていたこともあり。(そういう絵は今までにもたくさん描いてきたのです)

流れ星と月の女神にしようかな、と思い立ちました💡それも「迷子になった流れ星」と「それを受けとめる月の女神」🌛うん、これでいこう。

月の女神といえばギリシャ神話なので、月の女神セレーネとかアルテミス風にギリシャ神話風の衣装にしようとも考えたのですが、この作品は、あまりメルヘンにはしたくなかったので、軍服風に。

(この本欲しい…↓)

created by Rinker
株式会社マール社
¥2,695 (2022/10/03 17:20:10時点 Amazon調べ-詳細)

ラフでは町も描く予定でした。情報量が増えると豪華にはなりますが、本当に見せたい部分の印象が薄くなってしまうので、今回はなしにしました(削るのってちょっと勇気いる)

作品制作〜サムネイルスケッチと着彩

今回は時間が圧倒的に足りていないため、色ラフは作りました。小さく、サムネイルスケッチです。

4.5×6.5cmくらいの小さな色ラフです。小さく作るのがポイントだと思ってます。

これがあれば大きい方向性で迷うことはありません。が、問題は月の色…この色でいいのか?この色は青金です。枯葉がもっともよく使うシンプルなゴールドで、金ピカな色ではないのですが、少し落ち着いた白っぽい金色。上品な色なので、何色にでもよく合います。

が、今回の絵の三日月に使ったら、その白っぽい色がちょっと画面の中で浮いたんです(小さい色ラフでは気にならないのですが、大きい画面だとイメージが違うということが時々起こります)

三日月が手前に見える感じになってしまったんです。なんでこんな違和感が起きたかなあと考えてみたんですが、多分夜空の色が濃すぎたんですね。

女の子が前面に見えてほしいので、もっと月は脇役に徹してほしい。で、思い立って、もう少しオレンジがかったゴールド、ブロンズ色をグラデーションにすることで渋みのある金色にしました。メタリックカラーは単色でぺたっと塗ったことしかなかったので、メタリックカラーを数色使って陰影や濃淡を作ったのはこれが初めてです。

月の上と座っている部分が濃くなっています

今回色見本を作って、それを参考にしながら、濃淡が出るように工夫しました。

そしてその上に、輝きのあるパールカラーをのせて完成!!

少し下や横の方から見て輝きを確かめていただけたら嬉しいです。

流れ星の軌跡もキラキラするので見ていただけたら。

サムネイルスケッチの話が出ましたので、こちらの記事も↓

次に額装!

今回はラーソンジュールのベルリンという種類の額にしました。一度、この額で額装してみたかった!すごく好きな額なんです。ゴールドもシルバーも素敵すぎる…フォトフレームやポストカカードフレームはAmazonでも購入可能なんですよ。

ゴールドは意外と白っぽい部分も多いので今回の絵に合いそうだな、と。絵を描きながら、すでに使う額縁は決めていました。

created by Rinker
ラーソン・ジュール・ニッポン(Larson Juhl Nippon)
¥3,740 (2022/10/03 17:20:11時点 Amazon調べ-詳細)

で、マット。無難にクリーム色っぽい白でいいかなと思っていたのですが!

額縁店の店員さんより

「ダブルマットにしてみませんか?」とご提案いただき…!

ひよこ
ひよこ

だぶるまっと…??

ダブルマットとは段差をつけて二重にマットを敷くのですが、私が見たことがあるのは、色が異なるダブルマットで、外側のマットが白、内側のマットが色マット、のようなものです。(配色のパターンは色々あります)

それが、「同じ色のマットでダブルはいかがでしょう?」というのです。ダブルマットは色違いのイメージが強かったので、「その手があったか…!」となりました。確かに同色のダブルマットも階段みたいでかっこいい。より造形美が際立つ感じ。

色々お話ししているうちに、外側のマットはややクリーム色、内側のマットを純白にすることに。ちょっとだけ色の差があることで、額との馴染みもよくなった気がします。うん、最高に素敵…!

絶対に自分では思いつかない額装なので、感謝しかありません。色々試すと額装の経験値が上がるので、ご提案頂いたものは、そのままお願いしたりしてます。今回初めてのダブルマットでしたが、絵の見え方もすごく豪華に感じましたね。

今回マットお願いしたのは銀座の伊東屋さん。マットのカットが早くていつも助かります(別館K.ItoyaのB1Fフロアで、素敵なギャラリースペースもあります)

実は今回、作品が出来上がった時、「少し暗い画面になってしまったかも」と思っていました。しかし額装してみたら、「暗さ」が逆に「深さ」に転換されているように感じました。額装次第で絵の見え方も変わってしまう。どんな絵でも額装次第だなあと痛感しました✨

ひよこ
ひよこ

どんな絵も額装次第✨

ATC作品

付属のATC作品はこのような感じにしました。

こちらもなるべくイメージをはっきり決めてから、取りかかりました。今回は珍しくペン入れをしています。コピックのマルチライナーや、自作のアクリリック絵具のペンも使いました(こちらもすごく便利なのでご紹介したいです)

ペン入れをすると着彩にかかる時間を短縮できるのかなと思いまして。。

結果、早かったです。が、微妙な陰影をつけたり、描き足したりというのは難しくなるので、きちんと計画を立てられている時に有効だなと。いつもペンでなぞることはしないので、新鮮でした。もう少し濃い色のペンで、はっきり線を際立たせてみてもよかったかも。

決まった時間で、集中して色塗りができました。中々可愛くできたのでは…!

星の花束の方は赤いキラキラ、キセルをふかす魔女のほうは水色のキラキラです。

いつものようにATCボードのサイドも塗っています。時々質問されるのですが、アクリル絵の具のメタリックカラーでサイドを塗っています。

その他の絵の具だと、手で掴んだ時、キラキラが取れてしまうかも。アクリル絵の具がおすすめです。

展示のお知らせ!

ARTs*LABo「月と星展」

期間:2022 9/21~9/25 (会期初日は作品販売無しです!2日目より販売開始)

時間:13:00~19:00 |初日16:00スタート 最終日17:00まで ※9/25の日曜日はビル管理の関係で入り口が施錠されるとのこと。 ビルの前につきましたら03-3556-3636へ連絡すると開けていただけます。

場所:Gallery CORSO (神保町)

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-1-6 日建ビル3F
TEL:03-3556-3636

会場には個展のDMも置かせていただきます。お時間ある方、よろしくお願いいたします。